天井と軒裏の木貼 こしぶきの家

内装が少しづつ仕上がってきています。


上の写真は木がまだ貼られる前ですが。。

この廊下部分の天井を木貼りとして、他の部分より少しだけ高さを下げていきます。
木部分に意識を持って行きます。
天井高が下がった通路を吹き抜け空間に接続することで吹き抜け部分の伸びやかさを強調。

外部でも使用できる木を使う事で内部と外部の天井素材を揃え一体感を出します。

こちらは2階部分の天井。
各部屋へ入る通路を少し大きめに確保して前室としてのライブラリースペースになる予定。
この部分は少し装飾的なデザインにする予定です。

天井の箱みたいな部分の中に空調のダクトなどが入れらています。

ほぼ完成です。長岡京リノベーション

京都の長岡京リノベーション完成が近づいた状況です。
通常のケンソウアーキテクツのデザインと少し異なりますが
暖かい感じに仕上がってきております。

キッチンパントリー部分 ダイニングと開口でつながっています。
集成材の厚めの板に塗装を行い無骨なアングルを見せて露出収納としています。

写真左の収納扉と写真右のガラス格子の建具は既存の家に設置されていたものを再利設置しています。

洗面室design こしぶきの家

今回の洗面はかなりシンプルな形で進めています。
収納をしっかり目にとることも多いのですが、今回はデザイン重視で洗面部分には収納をほとんど設けないデザインで進めることになりました。


とにかくスッキリかっこよくデザインしてほしいとのご要望をいただき、ホテルのパウダールームのようなイメージ。
扉を開けたすぐ隣が収納になっているためそちらに収納を取っていきます。

最終決定したイメージスケッチです。
真ん中部分が鏡の塊のようになり、両サイドに開口を設けます。鏡に映る部分と外部が見える部分が入り混じりる感じになるのではと思います。
シンプルで開放感のある洗面スペースを目指しております。

外壁下地と天井ルーバー こしぶきの家

外壁の下地が進んでおります。

内部では、吹き抜け天井部分にルーバーが取り付きました。
ルーバーの上部にトップライトと間接照明が設置されており昼はトップライトの自然光、夜は間接照明の光がルーバーを通過して吹き抜けに降ってきます。

時間によってルーバーと共に光が様々な表情を見せ楽しいです。


内部の下地も仕上がってきています。
主要部分は塗装仕上げとなります。トップライト部分の塗装の下地仕上げはとても難しい仕事となるので気を使って施工していってもらっております。




石の家 10年目を迎えました

石の家のお施主様より連絡いただき、塀のメンテナンスの相談との事で現地確認
久しぶりに訪問させていただきました。ご家族の皆さまもお元気そうでなによりです。

竣工後もずっとお付き合いさせていただけることに心から感謝です。
完成してもう10年!あっという間です。

中庭のシンボルツリーも元気に育っておりました。

木の板は少し色あせてきておりますが
ファサードの石張りはあと90年以上、余裕で年月を刻んでいけそうです。

吹付断熱 こしぶきの家

こしぶきの家ではウレタンフォームの吹付断熱としています。
上の写真は吹き抜け部分を見上げた写真。

現場まで専用のトラックがやってきます。トラック内で調合を行なった基材をホースを使って建物に吹き付けていきます。

ホースから出た断熱材は空気に触れる事で膨らむ性質をもっており、壁や天井と一体となった断熱層が出来上がります。部材の断熱性能は 0.038W /(m・k)とさほど高いわけではありませんが、虫の入る隙間がないほどしっかりと充填する事がでるのが最大の特徴。これは他の断熱ではなかなか実現できません。
吹付後の現場に入ると空気が止まっているのが体感できます。断熱と同時に気密性が確保されています。

現場はほんのりといい香りが漂っています。

吹断熱材が設計の厚み以上となっているか確認を行います。

金物が取り付いている部分など熱橋(ねっきょう)と呼ばれ金属を伝って熱が漏れてしまうので
その部分にも吹き付けを行なっています。
吹付後は余分な部分をカットして出来上がりです!

増築部分 長岡京リノベーション

だいぶ遅れての更新となってしまっておりますが…

解体後、天井の下地組が進んでいます。
元よりも三角に形状が変わりかなり天井が高くなります。伸びやかな空間を目指しています。
改修前は天井に隠れて見えていなかった梁をデザインとして露出していきます。

改修する部分の壁に耐震壁を入れて補強します。
屋根を瓦から金属屋根とすることで重量を軽くする。耐震壁をバランスを見ながら増やすことで地震に対しても強い家となるように改修していきます。

前回のブログの追加基礎の上部分ができてきました。
この部分は縁側として増築しています。幅が900程度の増築ですが元の縁側と接続することで空間の広がりを水平面に作ることを目的としています。
800mm程度の幅の空間と 1700程度幅の空間では使い方や感じ方がかなり異なってきます。

工事監督さんや大工さんとも打ち合わせを重ねて少しづつ現場が進んでいきます。

中間検査とガラス設置(検査について) こしぶきの家

検査機関の中間検査と住宅瑕疵担保 保証の中間検査が終了しました。

ケンソウアーキテクツでは設計検査にて構造の金物種類と位置、耐力壁の釘種類とピッチ、筋交いの位置、垂木の留め方などを確認いたします。構造のメンバーなどはプレカット時と上棟後に確認しておきます。

通常、検査機関、住宅瑕疵担保検査が行われ、一見検査がたくさんあるので安心なように思われますが…

実際のところ公的検査では金物や体力の釘ピッチなど抜け等があっても見落とされてることがすごく多いように思います。(今回も抜けている部分があったのですが特に指摘もされず…)
耐力の取り方など少し特殊な部分がある場合などは検査員が仕様基準をわかっていない事も多いです。 あんまり真剣に見ていないような…検査員にもよると思うのですが(笑
JIOの検査員さんはよく知ってる方がいらっしゃいますが。。

通路部分にガラスが設置されました。
柱とガラスのあいだ部分は壁が作られて扁平柱の列柱のようなデザインとなる予定です。
ガラス部分がステージ状に320mm上がっているのもポイントです。