配管の勾配 注文住宅


外壁とサッシが入って建物の全体像がわかるように
なってきました。

この状態で建物内部の給水や排水の配管の工事を行ないます。
ほとんどの配管は、天井裏や床下、壁の中に入って見えなくなります。

天井を見上げた写真です。
この裏側がさらに下の写真です。
トイレや洗面から流した水が、この配管を通って外へと排出されます。

この際に勾配が必要になります! 配管の勾配とは汚れた水がスムーズに
流れるように必ず一定の傾きを維持した状態で設置されているのです。

頻繁に詰まってしまう洗面などは、管が小さすぎるか
この規定の勾配がとれていないなどの原因が考えられるのです。

コメントを残す