鉄骨躯体の検査を受けました(注文住宅M邸)


上棟式終了後、階段の骨組み・デッキを設置
デッキとは、下写真の床の部分です。
これで私もすいすい上がれるようになります。

骨組みは鉄骨ですが、床は鉄板とコンクリートの複合になります。
なので、この上に配筋を敷設しコンクリートを流し込みます。

コンクリートの重量のある床構造は、他の構造と比べ
水平面が丈夫になり、物を落としたり
人が飛び跳ねた時の音などかなり低減されます。

検査を受け無事終了。一般的に2種類。
検査機関(行政)と住宅保険機構(住宅の保険)です。

無事検査も終了しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です