月別アーカイブ: 2018年6月

基礎配筋が出来上がりました

スキップフロアの家の基礎配筋が組みあがってきました。

べた基礎と呼ばれる一体となった基礎形状

 

一部高基礎になっていて
基礎のスラブにも高低差があります。

基礎の配筋はコンクリートを打つと
見えなくなってしまいますが‥‥

とても大切な部材
コンクリートと鉄筋が必要に応じたバランスで一体となり
初めて丈夫な基礎となるからです。

コンクリートの打設前に
配筋の位置やピッチ
型枠・地面との距離、鉄筋同士の繋ぎ合わせ箇所などを確認。

工務店さんが施工した鉄筋を
ケンソウアーキテクツにてチェックします。

チェック終了後
コンクリートを打ち込みます。

スキップフロアの家 着工いたします

設計を進めていたスキップフロアの家

写真は縄張り(なわばり)の様子

建物を建てる予定の場所に縄を張って
位置を確かめることを行います。

単語としては
あの縄張り争い等の縄張りと全く同じです。

この縄張りや基礎の状態では
建物の面積が意外に小さく感じられるのですが
骨組みが出来上がると
逆に広く感じるので不思議です。

確認済証が無事発行され
いよいよ着工いたします!!

スタッフ・協力事務所 募集 ご連絡下さい

一級建築士事務所ケンソウアーキテクツの
業務をお手伝いいただける方を探しております。

募集期間
2018年6月11日 〜 6月30日(予定)

募集内容
建築意匠設計/プロジェクト進行の手伝いをしていただける方

フリーランスの建築士/インテリアデザイナー/パートナー設計事務所など

なるべく長期的にお仕事をさせていただければと考えております。

大阪、京都エリア
業務経験者 又は 一定の建築に関する知識があれば大丈夫です。

ご連絡いただけましたら
弊社、西梅田の会議スペースにて お話しせさせていただければと
思っております。

 

 

=======================================================

募集は締め切りいたしました。
ありがとうございました。

鉄骨3階建ビル 全面リノベーションプロジェクト

鉄骨の3階建のオフィスビル
全面リノベーションのプロジェクトが始まりました。
結構広いので頑張っております。

改装で建築確認申請は不要な規模。
たまに勘違いされている方がいらっしゃるのですが‥‥

確認申請が不要 = どのように改修してもいい
ではありません。

当然、防火や避難など
最低限建築基準法、消防法を守って改修する必要があります。

万一の災害の際
ビルを使用している方々が困ってしまいますので。。

少し手間と時間はかかりますが
危険な建物とならないよう
できる限りの法的な検討を行い進めていきます。