月別アーカイブ: 2018年4月

スタディモデル

オフィス兼住宅の提案
模型を作りながら形を検討していっております。

床組みの改修

既存部分の床が新しくなりました。
当初の計画では床合板と仕上げを変更する予定でしたが
床を解体すると骨組みの大引、根太ピッチがかなり広い事が発覚。

見えなかった部分の傷みも激しかったので
床組みごと新しく遣り替えてもらいました。

見えなくなってしまう部分ですが‥‥
不安な状態の上に綺麗な材料を貼り付けても長持ちしません
時には思い切った決断も必要です。

大工さんの丁寧な仕事に感謝です。

既存部部の洗面とトイレ新設部分の床下。
排水管が設置されています。

地盤 サウンディング調査

先日地盤のサウンディング調査を行いました。

建て替えの場合は
解体が終了しないと地盤調査ができないので
少し心配していました。

今回の調査結果より
改良無しで進めることができそうで安心です。

改良工事を行うか行わないかの判断は
改良工事が必要ないと思われる結果であっても
業者より高額な改良を進められることが多く

調査書に改良を勧めるコメントなどがあるとお施主さんは
どうしても不安になってしまいます。

地盤は全く目に見えず
一生に一度だし…
「改良すると保証がつく。」
「何もしないよりもした方がいい。」
といった状況より

安心なのでとりあえず改良工事をしておこう。との判断になりがち。
ただその工事に何十万円もの費用が必要になるので
悩ましいところではないでしょうか。

現在では調査と保証がセットになった調査会社があり
状況によってそちらをオススメする場合があります。

調査結果に応じて
改良が必要と判断された場合はもちろん
改良必要なしとの判定であっても
地盤が10〜20年以上にわたって保証されるので
安心ではないでしょうか。

なんばスカイオ オフィス移転計画

今年の秋、南海なんば駅から直結の複合型オフィスビル
スカイオが竣工する予定です。

現在、既成什器メーカーさまと共に
スカイオビル オフィス移転の設計業務を進めています。

駅直結のオフィスすごく便利そうです。

なによりもなんばの中心からの景色がキレイ!
仕事もはかどりそうな気がします。。
下階部分には飲食、物販店なども入り賑わいのエリアになりそうです。

オフィスの移転を設計事務所に依頼する
という感覚はあまり少ないのかもしれませんが…

お客様を招くエントランスや打ち合わせスペースなどの
インテリアのデザインと共に、
近年のビルでは防災や電気、空調などの設備関係の事前計画が複雑なので
とても重要です。

スケジュール管理なども必要となり
ある程度の規模になると6ヶ月以上前からは計画スタートが
必要となります。