月別アーカイブ: 2011年2月

中庭部分 杉板貼り

 

中庭部分は杉板を染色して壁面に貼っています。
この壁一面で中庭の雰囲気が ぐっと 良くなったように思います!
この家にはこの杉板部分が何箇所かあるのですが、
直接日光が当たる場所では色が落ちやすい為
面積が多い所やメンテナンスのしにくい場所は
北面のみに貼っています。

04.土地によって直接の建築費用が異なる

 

タイトルのように建築する敷地によって建築費が若干異なってきます。
建築規模によりますが
地盤の良い悪いによって地盤改良・基礎形式・杭の有無、など。
直接は目に見えない部分ですが場合によってコストが大幅に変わります。
その他、建物の形状は土地形状に左右されやすく
同じ間取り、面積であっても建物が複雑な形状になった場合
それにともない建築費がアップします。施工に手間がかかるだけでなく単純に
壁面の量や配管などの量も増えてしまうからです。
敷地までの前面道路が一般的な幅の場合は問題ないのですが
大型の車で搬入ができない土地などの場合は
建築費とは別に搬入の費用がよけいにかかる場合などもあります。
その他水道を新たに引き込む、水道加入金などは自治体等
(建築する場所、引き込み径等)によって
3万円~30万円程度の差があったりするようです。

適当につくる!激うま本格インドカレー

 

すごいタイトルですが(笑)とても美味しいカレーです。
休日出勤の日にたまにつくって食べます!!
カレーが好きで良くインドカレーを食べに行くのですが
自分でもつくれないかな?と人教えてもらったり、何度もチャレンジした結果
このレシピにたどり着きました。
ちなみにカレー以外の料理はほとんどできません!!
なので誰でもできます!インドカレーつくってみたい方は一度試してみて下さい。
美味しいですよっ
まずニンニクをオイルで弱火でいためます。こげないように注意。
ニンニクに色がついてきたらスパイス、生姜すりおろしを加えさらに炒めます。
オイルの量は『えっ?!』というぐらい多いですが
びびらずに。
鶏のもも肉 骨がついているものは少し食べにくいのですが
さらに美味しくなります。
下味をつけてヨーグルトでまぶしおいておきます。
あらかじめ たまねぎをみじん切りにしておきます。
みじん切りの大きさはバラバラぐらいの方が……
美味しくでき上がると信じています!
先ほどのニンニクとスパイスの中にたまねぎのみじん切りを入れます。
たまねぎは茶色くなるまでは炒めません! 火が通ってしなっとなればOK。
結構これがポイントです。
さらにトマト(みじん切りがよいですが)ホールトマトでOK
を加え塩と胡椒を加え炒めます。
先ほどの鶏肉を入れ水分がなくなるまでさらに炒めます。
水分がとんだら
水を加えて煮込みます。あくがでてもとらずにそのままさらに煮込みます!!
火を止めると同時にガラムマサラを加えよくまぜて出来上がり!!
せっかくなのでナンもつくります。
ナンは小麦粉、ベーキングパウダー、水、塩、砂糖、ヨーグルト、牛乳、卵
を入れてよくこねます。
上記の物を器に入れラップをかけ約30分~2時間ぐらい置いておきます。
手で平たく延ばして オーブンがフライパンで色がつくまで焼きます。
参考レシピ
カレー———————————————————–
スパイス(必ず必要)
・パプリカ (大さじ4)
・ターメリック (大さじ3)
・レッドペッパー (好きな辛さに)
・ブラックペッパー (粒のを砕くといい感じ)
・ガラムマサラ (大さじ1 最後に入れます)
スパイス(あれば好みで入れる)
・シナモンスティック(上品な感じになります!おすすめ)
・カルダモン
・クミン
・コリアンダー
・サラダ油 (150ml)コップ半分ぐらい
・塩 (適量)
・ニンニク (3片ぐらい)
・ショウガ (ニンニクと同程度の分量すりおろします)
・たまねぎ(中3個)
・トマト(ホールトマト1缶)
・鶏肉(もも 500gぐらい)
・水 (500ml)コップ2~4杯ぐらい
ナン————————————————————
サラダ油 少々
強力粉 500g
塩 少々
砂糖 少々
ベーキングパウダー 大さじ1
卵1個
牛乳コップ半分
水コップ半分

エントランス部分 間接照明

 

内部では電気工事が進んでいます。
エントランス部分に設置されている間接照明
これだけでちょっと非日常的な雰囲気になります。

03.土地によって確認申請の手続きが異なる

 

平らで一定の広さの場所があればどんな所であっても家を建築することができそうに
思いますが……
実は、法律によって家が建築できないまたは、家を建てるためには一定の手続きが
必要になる土地がたくさんあります。
周りに家が並んでいる場所ではほとんどといって大丈夫なのですが
都市計画法という法律等により住宅を建築する事ができる場所は限られていて
宅地と呼ばれる家を建築する為の土地は、日本国土の約5パーセント程度なのです。

その他、宅地であっても住宅を建築する為にはその敷地が

幅4メートル以上の道路に2メートル以上接している事が必要になります。
この条件を満たしていない場合、敷地の一部を道路として提供する必要があったり
道路のように見えている場所であっても行政管理が他の用途であると
道路に認定してもらう為の手続きが必要になったりするのです。
その他川に近い場所だと確認申請前に河川法の手続きや、埋蔵文化財の検討が必要な
エリア、その他地域によって様々敷地の特別な措置が必要になるケースなどがあります。
そういった場所では事前手続きが必要になるため建築するまでに通常よりも予算や
時間がかかる場合があります。
希にではありますが、
土地購入時に不動産業者さんから説明は受けていても
具体的な内容をしっかり把握しておらず
建築時になって初めて「えっ!!」 そんな手続きが必要なの??と
驚かれる方がいらっしゃいます。
なので……
家を建築する土地を購入する前に ぜひ一度設計士さんに相談してみて下さい。

国宝 大笹原神社 滋賀県

 

打合せなどで遠方に行った時など、たまに近くの神社仏閣などに寄り道します。
この大笹原神社もたまたま通りがかりによってみました。
ガイドブックに掲載されている有名な建物ものでなくとも
ハッとするようなとても美しい建物に出会えたりします。
社の横にある底なし沼。
沼の底に神輿が2基沈んでいるのだとか……
なんだか昔話にそのままでてきそうです。

外構工事ブロック積み

 

外構の工事も始まりました。
下写真左に見えているブロック積み部分に照明、表札やポストインターホン
が取付けられる予定です。
その右部分に駐車場のオーバーゲートが設置されます。
このオーバーゲートにかなーり悩んでおります。
悩みの内容は……また施工写真とともに。
内部はクロスが張られほぼ仕上がった状態になってきています。
仕上がりがほぼわかるようになりました。
もう一息です。