月別アーカイブ: 2010年12月

設計費用は本当に必要? その2

建築物を作るためには、行政への許可申請が必要になります。

聞いた事がある方も多いのではないかと思いますが建築確認申請です。

この業務は資格をもった建築士でないと行う事ができません。
これは安全な家づくりを行う為に義務づけられている事柄です。
その他の設計業務としては、建築主と打合せを行い
イメージの決定、設計図の作成や素材の選定、施工業者の選定、現場監理などがあります。
安全な家づくりが行われる為のチェック業務というのが大きなポイントだと思います。
その、設計業務の報酬の基準は建築士法に算定方法が決められています。
近年構造計算書の偽装事件などの問題を踏まえて 新たに業務報酬基準が国土交通省告示の第15号で改められました。平成21年国土交通省告示第15号
通常はこの基準に沿って設計費用を算定しています。
なので、無料という業者であっても表面上に出していないだけで工事費の中に設計業務の為の経費がふくまれています。
しかし、その業務を行う設計士が家をつくるお客様からの依頼で仕事をしているのか、施工業者からの依頼で仕事をしているのかで大きく意味が異なってきます。
施工業者からの依頼をうけ仕事を行っている設計士であれば、雇い主に対してチェック業務を行うという事になります。いざという時にはチェック機能がうまく作用しないケースが多いのではないでしょうか。
構造計算偽造事件がその問題点が露呈した結果であったにもかかわらず
その問題は今でも根本的には解決されていません。

設計費用はほんとに必要?

設計料って本当に必要なんですか?と聞かれる事があります。

家をつくる時によく目安にされる設計費用。
建築費用の総額の10パーセント前後という場合が多いです。
通常はある基準に沿って設計料を算出するのですが、打合せの流れの中で『だいたいどれぐらいですか??』と質問をいただいた場合、わかりやすいようにこの10パーセントというのをざっくりとした目安として使用します。
でもこの金額なにを根拠に決まってるの??ある基準って??
とか、家づくりを工務店や不動産屋さんに依頼した場合、設計料が出てこないケース
がありますし、チラシなどに設計費用無料!!と書かれたものを目にする事もあります。
なので設計事務所じゃなくて工務店に直接家づくりを依頼するとこの10パーセント分を設備や家具などに使えてしまいそうに思うのですが……
実はそうではありません。。
設計費用の算定の基準と設計費用無料の秘密詳しくは次回に書いてみたいと思います。

中庭 錆石貼(注文住宅M邸)

中庭部分にも外壁と同じ種類の石を貼っています。

内部と外部が同ように仕上げられ
その境界に枠のないガラスを入れます。
そうする事で内部のような外部。外部のような内部が生み出されます。
ケンソウエーディのホームページもアップしました。
完成写真も多く掲載しておりますのでチェックしてみて下さい。

注文住宅M邸 竣工写真

現在経過をブログにアップしている

注文住宅M邸の竣工写真が出来上がりました。
数カットだけですがホームページにアップしております。
ぜひチェックして下さい。
施工の経過は引き続きアップしていきます!!

なんと、一等でした!!

今年も一年が終わりに近づいてきてる感じがします。

少しづつ予定が入ってきているからです。
そう。忘年会です。
今年はじめての忘年会に先週行ってきました。
急に年末だなぁという感じになってきます。
大阪コミュニケーションアート講師忘年会。
普段はあまり接する事のないアート業界
他業種の先生方と色々と話をする事ができ
とてもよい刺激になりました。
なぜかビンゴ大会があり、一等までいただきました!!

太陽光発電買い取り価格2倍?

今日ある方と太陽光発電の打合せを行なっていて

驚いた事があります。
それは太陽光発電の買い取り制度について。
今までは、補助金や電力の買い取りを含んでも
住宅でのソーラ発電システムの初期投資価格を
回収するのには約20年以上かかっていました。
温暖化対策には貢献できるけども
システム全体のメンテナンスや寿命を考えると
実質的金銭メリットは期待できないという状況でした。
しかし!
平成21年11月の新たな電力買い取り制度のスタートにより
状況が少し変わってきました。

住宅用自家発電での電力会社買い取り価格が 全国一律で
1KWh当たり48円と 以前の2倍近くになります。
そうすることで10年~15年程度で初期費用を回収する事が
可能となり、設置者に金銭的なメリットが出る
ケースが大幅に増えることになるだろうと…
ここまでは良いのですが
 
驚いたのがその先からでした。
太陽光発電促進付加金(太陽光サーチャージ)の存在
平成22年(実質的には23年以降から)始まるようで。
2倍近くなった買い取り価格を支払うのに…
簡単にいえばサーチャージという名前の
電気料金の値上げででまかなおう!という事のよう。。
その負担額等も買取制度小委員会で決定となっており
詳細はまだわかりません。
 
家庭で太陽から電力を発電し、余った電気を電力会社が買う
それはまた販売できるのですから 
そこで
なんで電気料金の値上げ??と不思議に思ってしまうのですが…
 
どうなるのでしょうかねぇ。

和室造作の移設(注文住宅M邸)

解体前の住宅から確保した和室の造作
の移設設置工事が始まりました。

 

以前建っていた木造の家の解体前に和室廻りの部材を取り外し
新しい家に移設します。
そのまま移設する部分と
新しくする部分を分け新たな空間へと生まれ変わります。

今回の和室を創ってくださる大工さんのノミです。
驚く程たくさんの種類です!!!
最近は木造建築現場でもあまり見かけなくなってしまっていますが…
移設となると、場合によって図面で表現できません。
なので、既存と新設の取合い部分等は現場で棟梁と相談しながら決定していきます。
もちろん大工さんは、私よりも経験も知識も何十倍も豊富
そんな二人に挟まれ、冷や汗を流しながらも必死に説明。
こんな時にはもう、素直な気持ちと熱意とガッツしかありません(笑

とうせんぼ?

現場に向かって車を運転していると。

道路のまん中になにかうずくまっている物が
微妙に動いているので
どうやら生き物らしい。
近づいていっても動く気配無し。
しょうがなく、クラクションをならしても
ちょっと横を向いただけ…
やっぱり動く気配皆無。
よく住宅街で “車両通り抜け禁止”という看板は見るけど
番犬ならぬ番ネコ?
しょうがないので回り道して、若干遅れ気味で現場に到着。
私「ネコにトウセンボされてて……」 現場監督「ネコ?ですか???」
くだらない遅刻の言い訳と思われ
多分信じてもらえてないでしょう。

外壁錆石(注文住宅M邸)

オープンハウス

急な平日への変更にも関わらず
たくさんの方に足を運んでいただき感謝しております。
来場下さった皆様ありがとうございました。
ブログは引き続き更新していきますので
途中経過をお楽しみ下さい!!
外壁3種類目 御影錆石です。
錆石とは…
白色系の花崗岩ですが、内部に含まれる鉄分が錆びて
若干茶色っぽい色になっている石です。
石の表面を「こたたき」という
ハンマーで叩いたような、ゴツゴツした仕上をしています。
これは、石の素材感をより引き出すために
切り出した石の表面を加工しているのです。
どんな石でもだいたいそうなのですが
叩いた仕上にすると色が白っぽくなります。
これを、長い年月をかけて風雨にさらすと
錆び色と石本来の色が出てきて
少しづつ茶色っぽくなってくるのです!!
写真ではわかりませんが
石一枚一枚が全て微妙に違う色をしています。
とても上品で美しいです。
この自然の素材感と経年変化は
新建材を使っては出す事はできません。
最近ではいつまでたっても、綺麗なままの物が好まれますが…
時間の流れが刻まれ、年月を経て美しくなってゆくもの。
とても素敵なのになぁと思うのです。
いつも考える事なのですが
自然と時の力を借りるデザインをしていきたいです。

残念ながら

大阪信用厚生金庫プロポーザルコンペ

敗退してしまいました。

期待していただけにとても残念です。
力不足だったようです。
悔しさのあまり残念会は、バックギャモンで盛り上がり!
久しぶりに朝方まで飲んでしまいました。
2社に残った時点で、最終プレゼンというスケジュールだったのですが
スケジュールが変更になったのか、なぜか落選という結果報告のみ。
もう一社残っていた提案を見る事もできず
若干、不完全燃焼ぎみ。
かなり悔しさもありますが……
結果を真摯に受け止め、どのような店鋪になるかをちゃんと見届け
勉強してまた次につなげたいと思います。