月別アーカイブ: 2010年6月

掘り方 基礎配筋工事


すべて杭が打ち終わった後は、基礎の配筋工事です。

基礎は地中に埋め込まれる為、まず地面を掘削します。

M邸の上部の構造は鉄骨造ですが
基礎は木造でも鉄骨造でも
鉄筋コンクリートの基礎となります。

鉄筋コンクリートはその名前の通り
鉄筋とコンクリートが一体となっている構造です。

鉄筋は引っ張り力に強くコンクリートは圧縮力に強いので
この二つが一体となる事で頑丈な構造体となり、
建物の足下を支えます。
基礎の配筋だいぶでき上がってきました。

通常の住宅なんかだと、鉄筋同士を重ね合わせて
ジョイントをするのですが、
この建物では、径の大きな鉄筋を使用しているので
圧接継手といって溶接しています。

下写真の丸くなっている所がジョイント部分です。
溶接部に不具合がないかを超音波によって全て検査を行っています。

杭と基礎も一体とする為配筋時にしっかり接続します。
検査・配筋が無事終了するとコンクリートを打ちます。

 

つらい検査業務

つも思う事なのですが
現場の雰囲気はとても大切だなぁと…

ケンソウエーディでは
通常は設計業務をしているのですが
委託で住宅瑕疵担保保険の検査の業務も行ってます

なので、いろんな会社のいろんな建築工事現場を
月にだいたい10~20件ぐらい見にいきます
仕事の仕方や雰囲気も会社によって色々

先日行ったところは
結構つらい感じで…
なんとなく肌で感じます
たまーにですが、そんなとこがあります

途中で帰りたくなります
でも…
仕事なんで最後まで!
っと自分に言い聞かせ全部チェック
それでも不適合箇所がなければ
とりあえず合格となります

さすがに法規違反って事はないのですが
もうちょっとちゃんとしたらいいのに!!!っという
そういう現場を見てしまうと
なんだかつらい気持ちになってしまいます。

職人さんにピリット活気があって
入った瞬間こんにちは!!ってところは
やっぱり気持ちがよいですし
仕事もきっちりされている事が多いです

反対に空気がドヨヨーンとした感じだと
仕事も中途半端だったりしてます

これって当たり前の事なんですかねぇ
ちょっと不思議です。

7年ぶりに訪問 インターン!?!


先日、以前 家の改修工事をさせていただいたお客様より
連絡をいただきました。

先日、以前 家の改修工事をさせていただいたお客様より
連絡をいただきました。

連絡いただいたのは2つ理由があって
1つめは
年月が経ったのでメンテナンスした方が良いところがないか
点検をして欲しいとの事。
工事に関わった家が、こうやって大切に住んでもらえてるというのは
なんだかうれしいもんです。

2つめは
なっなんと
下のご子息さんが現在 工業専門学校で建築を勉強してるとの事
ぜひケンソウエーディにインターンにきたいとの事でした。

工事をしている時にはまだ小学生ぐらいだったのに!!!
現場をバタバタ走り廻ってたのに!!!
ホントダブルでうれしい驚きです。

約7年ぶりの訪問だったのですが、
まだ独立する前にさせていただいた仕事だったので
とてもなつかしく

いつでも一生懸命
初心に返る気持ちでした。

遣り方 鋼管杭打ち


地鎮祭終了後 杭工事がはじまりました。

撤去も奇麗に終了し
(遣り方)建物の形状を地面に書き出します。

以前のブログでも紹介しましたが
地盤調査の内容を元に
基礎や杭の設計を行います。

今回は、鋼管杭という鉄製の杭を打込みます。
打込むといっても、上から叩き込むような工法だと
住宅地では近隣への振動や騒音が問題になってしまいます。

その為このくいは先に羽根が付いた杭を地中に
ねじ込んでゆくという施工方法をとっています。
これが現場に搬入された杭です。
地中の岩盤まで約15メートル 合計17本の杭を打ちます。

よく建物は基礎が大切と言いますが
地盤が沈下等してしまうと基礎ごと傾いてしまう場合があります。
そこで基礎の下に杭を打込みます

基礎の下なのでもっと大事なんですね。
機械を使って半分打ち終わりました

15メートルだと運搬や施工が大変なので半分に分け
途中でつなぎ合わせます。

杭同士を溶接して一体になるよう加工しさらに打込みます。
これでやっと1本終了これと同じ作業をあと16回繰り返します。

足下はでき上がってしまうと見えなくなってしまう部分ですが
見える場所以上に重要なのです!!

始まりました。

普段からお世話になっている会社さんが
オフィスを移転することになりました。

現在、ケンソウエーディでその改修工事の設計を
させていただいております。

4階建ての自社ビルです。
まだデザインが決定していない部分もあるのですが
先日から解体工事が始まりました。

2階と3階部分の床を撤去して
階段でつなぎメゾネット形式に改修します。

少し大変な工事になると思いますが
カッコイイオフィスに生まれ変わるはず。
現場が進んでいくのが楽しみです。