月別アーカイブ: 2009年12月

皆様 お世話になりました。


今日は大晦日
29日で仕事終了予定だったのですが……
大掃除や年賀状などで
結局今日までかかってしまいました。

でもなんとか一段落で新年を迎える事ができそうです。

下の物件は、落着いたらアップしようと思っていたのですが
結局大晦日になってしまいました。。(笑

今年、弊社の住宅相談会に来社いただき
何度もお打ち合せを重ねだんだん形になってきました。

施工業者も決定し、来年始めに解体
地盤調査を行った後 着工予定の住宅です。

今年一年を振り返ると、
ほんとにたくさんの方々にお世話になったなぁと思います。

世の中も、様々な出来事があり建築業界は、
とくに大変な一年だったように思います。
そんな中でも一年間をなんとか乗り切ることができました。

皆様本当にありがとうございました。

香里ヶ丘11丁目 鉄骨ジグザグ階段


香里ヶ丘11丁目に鉄骨のジグザグ階段が搬入されました。

まだ塗装されていない状態ですが、
めちゃくちゃかっこいいです。

明日、内部の木部分と階段を塗装する予定になっています。

木部分は含浸性の塗料を塗ります。
木は、建材になっても湿度を吸込んだり吐き出したりしているのです。
その呼吸を妨げることがないからです。

木が長持ちする上に、後からの塗り重ねなども
素人でも簡単にメンテナンスできます。

この塗料を使用する事で
デザイン性と同時に
構造体である木も長持ちさせることができます。

鉄骨の階段はアクリルの入った油性塗料を塗ります。
木に塗る塗料とは全く異なり
マットに仕上がり鉄の錆びなどを遅れさせてくれます。

同じように見える塗料であっても
塗装する場所と塗る材料によって工夫され
異なった仕様となっているんです。

 

家具製作 可動式デスク

先日やっと
可動式デスク取付け完了しました。

いろいろとバタバタしていたので……
遅くなってごめんなさい。

部屋があまり広くないので
子供用デスクを設置してしまうと
どうしても面積をとってしまいます。

そこで収納可能なスライド式デスクを製作しました。

壁面収納の扉を開けて
棚を引き出すと机になります。

使用していない時はデスクの上の物と
一緒に壁面収納へ入れてしまえるようになっているので、
部屋がとってもすっきり見えます。

後日手元を照らす為の照明も取付の予定。

エステサロン 切り文字 サインデザイン照明

エステサロン アール・ド・ボーテ
beaute
大阪市心斎橋のサロン 内装デザイン。

店名のロゴを鉄板を切り抜いたものを浮かして設置
上から照明で文字の影を浮き上がらせています。

ガラスの入れ物にドライフラワー
花はないのでドライグラスでしょうか。

女性らしいデザインに仕上げています。

サウンディング地盤調査 


本日は東大阪K邸の地盤調査をおこないました。

サウンディング調査という調査方法です。
先端にスクリューが取付けられた
シャフトを今回は100kgの加重を加え
地盤に挿入し、その入り加減で地盤の強度を測定しています。

小規模な住宅建築の際に良く用いられる方法で
簡易な調査なので、比較的安価で手軽に行う事が出来ます。

地盤のデータが数値になって打出されます。

今回は建物が建つ場所の4隅と中心の
5箇所を調査しました。

同時に申請業務を進めているのですが…
調査を進めていると

前面が道路ではないという事が発覚。
これは大問題です。
でも早めにわかってよかったのですが…

家を建てる為には必ず敷地が道路に接している
必要があります。

前面が道路ではなかったり
接している距離が2m以下だったりすると

家を建てる事ができません。
道路というのは見た目ではありません。

今回もそうだったのですが
見た目は普通の道なのですが
道路法上の道路ではなかったという事です。

その為確認申請提出前に
前面の水路(今回は水路だったのでした!!)
もちろん水は一滴も流れていませんが…

を道路法上の道路に変える手続きが必要になってきます。
費用と時間がかかってしまいます。

なので、土地を購入する際にには注意が必要です。
今回は土地購入後注文住宅の依頼をいただいたので
事前に土地の確認をする事ができなかったのですが、

住宅建築用地を購入の場合は、気軽に設計士さんに
相談してみてください。

少し規模の大きな住宅を建築する場合なんかだと
土地購入前に地盤調査が出来れば本当に安心です。
なかなか難しい事なのですが……

今は道路への手続き進行中。
また経過をブログにアップします。

 

香里ヶ丘11丁目 現場のみなさん


香里ヶ丘11丁目の現場では
先日 中間検査が終わり徐々に内部も
形が出来上がってきています。

 

トップライトからは
階段の丈夫の吹抜けを通して
1F部分へと光が落ちていきます。

棟梁です。職人さんらしく少し頑固ですが(笑)
経験豊富で目に見えない部分や細かい部分にまで気を使って
施工してもらっています。
いつもいろんな話が聞けてとても勉強になります。
おすすめのイカシュウマイがあるらしく
今度食べるのを楽しみにしています。
2階担当大工さんです。親方の息子さんです。
親子で物づくりをできるっていいですね。
父親から技術を教わっていくっていうのも
職人さんならではの事。
そんなに仲は良くないらしいのですが(笑
現場の監督さんです。
工事の仕方から使い勝手まで
いろんな事を細かく打合せして少しづつ工事を
進めていっております。

家づくりはたくさんの人が
力を合わせいろんな事を検討しながら
進んでいきます。
完成が楽しみです。