月別アーカイブ: 2009年11月

国立国際美術館

昨日仕事の合間
中之島の国立国際美術館 長澤英俊展
久しぶりに美術館にいってきました。

美術館の機能が全て地下に埋まっているという
世界的にも珍しい形態の美術館

設計はシーザー・ペリです。
実はこの美術館のパンフレットは
ケンソウエーディで作っているのですよっ。

いつも駅のポスターなんかを見て
いろいろと見に行ったりしたいなぁ
とは思っているのですが…

忙しく なかなか行けないまま
気がついたら企画展が終わっている
というパターンが多いのですが

今回は仕事を一時中断
強行突破でいってきました。

やっぱりアートを見るのは
いろんな刺激を受けれる上に
気分もリフレッシュ。
行ってよかったなぁとしみじみ思いました。

展覧会の内容は、
外国人がみる日本人アーティストと
日本人が見る外国在住のアーティスト

作品の見え方がだいぶ違うんだろうなぁと
思いながら観賞。

日本人の僕は
大理石が炸裂してる感じが
よかったと思いました。

いかにも日本っていうのは
ちょっと微妙な感じでしたが…

美術館の中で見るのもよいですが
大自然のなかで作品を見てみたいなぁと思いました。

 

amadana DT-120 電話機

事務所の電話機。
もう2年ぐらい使っていますが
最近やっと慣れてきました。

デザイン重視の為
慣れるまではだいぶ使いづらいです。

最初の頃は、
電話を転送するのに何度も切ってしまいました。
電話帳の機能もあると思いますが
使った事がないので、いつも名刺を探して番号をプッシュ。

でもエッジの効いたデザインと
保留音最高です。

おじさんが素敵に歌を奏でてくれる
保留音 聴いてみたい方は電話下さい。

注文住宅 香里ヶ丘11丁目 上棟

香里ヶ丘11丁目の住宅
棟上げが完了しました。

建物のヴォリュームが姿を現しました。
構造は木造軸組工法です。

毎回そうなのですが、
頭の中でイメージしていた形が
実際に表れると少し不思議な感覚です。

夢の中の出来事が実際におこる
デジャヴみたいなものなのでしょうか

明日は素材等の最終打合せです。

今日はその用意と
別物件の見積チェックで大忙しです。

会社案内製作中

現在 ITOKI工務センターさんの
会社案内を製作しています。

会社案内のデザインを依頼していただけることは
すごくうれしい事です。

名刺と一緒にこれから取引先となるかもしれない
相手の会社さんに渡されるもの

会社の顔みたいなもの。
イメージや内容はとても重要です。

なので…
製作にも力が入ります。
めちゃめちゃ頑張ります。

これも約1年がかりで作りました。

写真は印刷前に
色を確認する為のコンセといわれる物です。

これでOKが出れば
本印刷に入ります。

印刷されて上がって来るのが楽しみです。

 

少し一息

先日 現場説明会をおこないました。
参加いただいた皆様ありがとうございました。

少し一段落です。

業者さんに金額を出していただくのですが
見積ってほんとに大変な作業です。

でも工事を依頼できるのは
やっぱり一社だけ。

しょうがない事なのですが……

物件に関する事をブログではまったくかいていないので
また近々書きます。

配筋検査 香里ケ丘11丁目 注文住宅

地盤改良が終了し
いよいよ基礎の工事です。

基礎の配筋検査の様子です。
配筋とは

基礎は鉄筋コンクリートで作られます。
鉄筋コンクリートというのは……

圧縮力に強いコンクリートと、
引っぱりに強い鉄筋が一体になって丈夫な材料となります。

お互いに弱い部分を補い合って初めて丈夫な構造となることが
できるのです。

なので、鉄筋はどこに入っていてもいいと言う訳ではなく
入っている場所がとても重要になってきます。

鉄筋が必要な引っぱり力の働く部分にちゃんと
鉄筋が配置されているかを確認しています。

 

香里ヶ丘11丁目 地盤改良工事

香里ヶ丘11丁目 確認申請が無事に終了し
地盤改良工事を行っているところです。

地盤は目には見えないところですが
建物の基礎を支える基礎の部分

ちょっとややこしい表現ですが
見えないからこそ
とても重要な部分です。

ちなみに改良方法は
表層改良工法です。

2メートルまでしか軟弱な地盤が存在しない場合は
その部分までの地盤を固化材を利用して改良します。

地盤の土とセメント系固化材を混合攪拌し、固化させることで、
地盤の耐力を増し、不同沈下を防ぐ工法です。

木造の建物では地盤改良しない事も
多いですが、

香里ヶ丘の住宅では、永年にわたって
建物をしっかり支えることができるように
丁寧に改良施工しています。