設計事務所」タグアーカイブ

竣工いたしました。 こしぶきの家

大きなガラスに面した開放感あるスタディコーナー

既存にある和風の庭と調和した外観デザイン、石と砂利を使ったアプローチとしています。

エントランスと部屋に入る間に外部的な空間を挿入しています。

寝室や子供部屋に入る前室、通路兼ライブラリーコーナーとしています。

母屋の瓦屋根の見えるメインの寝室

内装ほぼ完成 こしぶきの家

内装がほぼ仕上がってきています。
ハイサイドライトからルーバー越しの光が美しく入ってきています。

キッチン前の家具がまだ未設置ですが
キッチンの反対面からの収納と意匠のポイントとなる木目の扉が設置される予定です。

制作家具1回目搬入 こしぶきの家

制作家具が搬入されております。上は下足箱です。
基本はウォークインに収納するのですが日常的に使う靴だけ置けるようになっており
靴を履くためのベンチの機能も持たせています。
玄関部分に少し腰掛けの場所があると意外と便利です。

2階の通路兼ライブラリースペースのブックシェルフです。
1階部分の家具と似たデザインの家具になっています。

まだ養生されていますが設置完了

こちらも養生中ですが1階部分のシェルフとスタディ用のデスクです。
1階のデスクはガラスに面していてとても開放的。

2回のブックシェルフは設置完了しました。

キッチン周り等にまだ造作家具が残っております。

内装仕上げ こしぶきの家

外壁の仕上げがほぼ出来上がって来ました
ジョリパット丁度良いテクスチャー感となったと思います。
光と陰が綺麗に写し出されています。


上記写真の開口部に玄関建具が設置されます。
無垢ナラ材の引戸になりますので
現在の外壁仕上げとナラ材の組み合わせが見れるのが楽しみです。

内部は AEP アクリルエマルションペイント仕上げ。
ざっくりと表現するとペンキで塗りです。

塗装で仕上げる場合は下地の平滑度や写真でポツポツと白い点が見えていますがビスの部分のパテ埋め処理、そして塗装自体もかなりの手間と気を使う作業となります。

写真でみるとクロスでも塗装でも大きく変わらないように見えたりしますが
実際の空間は質感的にかなり大きく異なって来ます。
しっとりとして奥行きのある空間に仕上がり
間接照明を使用する場合等は特に光の乗り方が格段に美しいです。

少しの質感の違い等も可能な限り大切にしていきたいと思っています。

エントランス扉設置 こしぶきの家

エントランスの扉が設置されました。
ここまで来るのに結構苦労してしまいました。

エントランス扉と書いていますが玄関からリビング・ダイニングへの建具となっています。

通常は木製などの扉が付く事が多いと思うのですがこちらは金属とガラスの扉です。土間途中に設置されていて、さらに内部側の壁側面をガラスで解放しているので デザイン上かなり曖昧な雰囲気の仕切りとなったのではないでしょうか。

最近はリビング扉が無い建物も増えてきていますが、熱環境より玄関と居室部分を分ける役目とデザイン的な役目を担っています。

ほぼ完成です。長岡京リノベーション

京都の長岡京リノベーション完成が近づいた状況です。
通常のケンソウアーキテクツのデザインと少し異なりますが
暖かい感じに仕上がってきております。

キッチンパントリー部分 ダイニングと開口でつながっています。
集成材の厚めの板に塗装を行い無骨なアングルを見せて露出収納としています。

写真左の収納扉と写真右のガラス格子の建具は既存の家に設置されていたものを再利設置しています。

外壁下地と天井ルーバー こしぶきの家

外壁の下地が進んでおります。

内部では、吹き抜け天井部分にルーバーが取り付きました。
ルーバーの上部にトップライトと間接照明が設置されており昼はトップライトの自然光、夜は間接照明の光がルーバーを通過して吹き抜けに降ってきます。

時間によってルーバーと共に光が様々な表情を見せ楽しいです。


内部の下地も仕上がってきています。
主要部分は塗装仕上げとなります。トップライト部分の塗装の下地仕上げはとても難しい仕事となるので気を使って施工していってもらっております。




石の家 10年目を迎えました

石の家のお施主様より連絡いただき、塀のメンテナンスの相談との事で現地確認
久しぶりに訪問させていただきました。ご家族の皆さまもお元気そうでなによりです。

竣工後もずっとお付き合いさせていただけることに心から感謝です。
完成してもう10年!あっという間です。

中庭のシンボルツリーも元気に育っておりました。

木の板は少し色あせてきておりますが
ファサードの石張りはあと90年以上、余裕で年月を刻んでいけそうです。

階段が設置されました こしぶきの家

鉄骨の階段が設置されました。踏面と踊場、登り上がりに可能な限りゆとりをもたせております。緩やかな階段は心地よいです。

2階部分のコーナー出窓。コーナー部分を窓にすることで空間に開放感を出すことを狙っております。出窓とすることで窓の前に椅子などを置くと小さなカウンターコーナーのような使い方もできるのではないかと思います。

以前スケッチにて紹介していたエントランス部分の骨格ができています。
軒裏の仕上げがまだなので効果がわかりにくいですが、思った通りの仕上げになっていきそうな予感。

階段の設置後、吹き抜け部分の屋根が設置されました。
緩やかな階段で水平方向の広がり、吹き抜けによって縦方向の開放感、おおらかな空間を目指しています。