月別アーカイブ: 2011年1月

大阪市立東洋陶磁美術館 ルーシー・リー展

 

久しぶりに東洋陶磁美術館に行ってきました。
川沿いの中之島というロケーションと共にとても好きな美術館の一つ。
展示も陶器のみに絞られていてちょっと変わっています。
 
川沿いの、のんびりした時間の流れと、落着きのある造形がとても素敵です。
この美術館は1982年竣工99年に増築 設計は大阪市都市整備局+日建設計
 
周辺は歴史に名を残す大御所建築家設計の建物が多いですが
そんな建物たち以上にかっこいい建築です。
 
 
ルーシー・リー展覧会ですが
そんな存在の美術館とリンクするような展示内容でした。
繊細な造形と膨大な量の陶器たち。
モダンでシンプルでありながらもルーシーリーのやわらかい人柄がにじみでた作品。
そんな優しさの中にも揺らぐ事のない芯の通ったデザイン性を感じました。
とても寒い日だったのですが、なんだかあたたかな気持ちにさせてくれる
展示内容でした。 展覧会、美術館セットでとてもオススメ!!です。

02.土地によって家の建築に求められる防火性能が異なる。

建築に求められる防火性能は建物が建てられる場所によって異なります。
基本的に3つの制限があります。
防火地域
準防火地域
法22条区域
言葉のイメージ通り下から上に規制が厳しくなります。
建築物を創るにあたって規制が厳しくなると、材料や工法・構造が限定されるため
その他の地域に比べてコストが上がってしまうケースがほとんどです。
住宅の構造で最も多い木造住宅で一例をあげると…
防火地域の場合
3階建/100平米以上の家は基本的に建築する事ができません。
(特殊な仕様により不可能ではないのですが、ほとんど事例がありません。)
上記以外の規模であっても火に強い仕様が求められる為
外壁に使う材料や内装材料に制限を受けてしまいます。
内装、外装のどちらであっても、木材を露出したデザインなど材料の種類によって規制の対象になったり使用できない場合もあるので注意が必要なのです。

ガルバリウム鋼板で外壁施工

 

ファサードのL字になっている所は
ぴしっと美しくエッジがでるように金属で施工しています。
最終までスチールかガルバリウムを使うのかで悩みましたが、ガルバリウム
で施工しました。
ちなみにガルバリウムは
アルミと亜鉛が成分の大半を占めている合金です。その他の金属と比べとても
腐食性に強い金属です。
住宅などで、ガルバを使う際には一般的にはメーカーのカラー鋼板を使う
ケースがほとんどだと思います。なので色が限定されてしまいます。
今回は外壁塗装の白色に近い物があったので、問題なく使用が可能でした。
外部の足場が外れ全体が見えるようになりました。