Tokyo Cathedral

東京出張の仕事のついで少し足を伸ばし
東京カテドラル カトリック関口教会に行ってきました。

今まで海外等も含めていろんな建築を見ましたが‥‥
その中でも、とにかく美しかったです。

この感動を味ってしまうと
どんな辺鄙な場所でも建築探訪がやめられなくなるのです。

静寂感と高揚感のある内部が特に印象的だったのですが
宗教施設でもありますので撮影できなかったので外観だけです。

催事にもそうなのかわかりませんが
空間に対して寄り添うようなアプローチ

内部は有機的でもあり、幾何学的でも。
モダンなようでもあり、クラシカルでも。

正面の祭壇に向かい包みこまれるような
どこまでもやさしい 権威的 静寂な空間が広がっていました。

人生見た中でトップ10に入る建築。久しぶりに出会えました。

カトリック関口教会(かとりっくせきぐちきょうかい)
東京都文京区関口にあるキリスト教の教会。

1964年(昭和39年)竣工

設計はあの
丹下健三・都市・建築設計研究所 丹下健三氏

RCの双曲放物面(HPシェル)+ラーメン
美しいRの曲面を描いた内部打ち放しですが
完全なHPシェル構造ではないようです。

設計者選定の際に
前川國男、谷口吉郎、丹下健三の3名による指名コンペだったよう
ものすごいメンバーです。。

機会があればみなさまもぜひ。

コメントを残す