リノベーション」タグアーカイブ

完成いたしました。長岡京リノベーション

京都 長岡京にてすすめていましたリノベーションプロジェクトが竣工いたしました。

お施主さまより、リノベーション前の木造の家が持つレトロ感漂う和風の雰囲気をできるだけ残した改修をしてほしいというご要望より進めてきました。

リノベーションの内容としては
屋根を瓦より金属に吹き替え、耐震補強、断熱補強、外壁の補修と塗装、サッシをシングルからペアへ入れ替え、下記写真の縁側部分の増築、すべての部屋の床壁天井の遣り替え、急だった階段の架替などを行いました。
建て具など痛みの激しくないものはできるだけ同一、または場所を変えて再利用行なっております。


屋根を瓦より金属に吹き替え、耐震補強、断熱補強、外壁の補修と塗装、サッシをシングルからペアへ入れ替え、下記写真の縁側部分の増築、すべての部屋の床壁天井の遣り替え、急だった階段の架替などを行いました。建て具など痛みの激しくないものはできるだけ同一、または場所を変えて再利用行なっております。

例えばキッチンだけを入れ替えるなどの小さな工事の場合は工務店さんなどに直接依頼された方が簡単に進める事ができると思いますが、
今回のようなリノベーションになると、決まっている予算の中でどの部分にどういった形で工事を行なっていくか、全体のイメージ統一などを考えると設計事務所に依頼いただくとうまくまとまるのではないかと思っております。

洗面も昭和感漂うレトロな感じで仕上がっています。
再利用の建具の御手洗のネームプレートが雰囲気を醸し出しております。
照明のブラケットもお施主様がかなり古いパナソニックの物をお持ちでしたので再利用しました。

元々は仕切りのあったリビングとダイニングを一体の空間にリノベーションし
熱環境を改善しながら広々した空間に変わったと思います。

ほぼ完成です。長岡京リノベーション

京都の長岡京リノベーション完成が近づいた状況です。
通常のケンソウアーキテクツのデザインと少し異なりますが
暖かい感じに仕上がってきております。

キッチンパントリー部分 ダイニングと開口でつながっています。
集成材の厚めの板に塗装を行い無骨なアングルを見せて露出収納としています。

写真左の収納扉と写真右のガラス格子の建具は既存の家に設置されていたものを再利設置しています。

増築部分 長岡京リノベーション

だいぶ遅れての更新となってしまっておりますが…

解体後、天井の下地組が進んでいます。
元よりも三角に形状が変わりかなり天井が高くなります。伸びやかな空間を目指しています。
改修前は天井に隠れて見えていなかった梁をデザインとして露出していきます。

改修する部分の壁に耐震壁を入れて補強します。
屋根を瓦から金属屋根とすることで重量を軽くする。耐震壁をバランスを見ながら増やすことで地震に対しても強い家となるように改修していきます。

前回のブログの追加基礎の上部分ができてきました。
この部分は縁側として増築しています。幅が900程度の増築ですが元の縁側と接続することで空間の広がりを水平面に作ることを目的としています。
800mm程度の幅の空間と 1700程度幅の空間では使い方や感じ方がかなり異なってきます。

工事監督さんや大工さんとも打ち合わせを重ねて少しづつ現場が進んでいきます。

サッシ入替 長岡京リノベーション

京都 長岡京にてすすめておりますリノベーションプロジェクト
解体がさらに進んでいます。

屋根も全面的に葺替えを行なっております。
瓦屋根から金属屋根に変更、建物の重量を軽くして耐震に対しても有利にリノベしていきます。

建築関係の方ならすぐお気づきだと思いますが…
上の写真の窓は雨漏りが起こってしまう可能性が非常に高いです。

雨漏りしていませんか?と伺うと 
ここからからなのかわかりませんが!なぜわかるのですか?と
お施主さまに聞き返されたのですが、普通の設計士であれば上記の写真のような窓の設置はしてはいけないという事は当たり前なのですが……

このリフォームで全ての窓を枠ごと入れ替えますので、雨漏りがなくなるように形状を変更します。

上記は違う場所ですがサッシを入れ替えた後です。
最近ではカバー工法という 既存の窓に新しいサッシを被せるという工事方法が多いのですが
見た目が野暮ったくなるので、今回は全ての古い窓を撤去して新しいペアのサッシを取り付ける工事をお願いいたしました。
これで塗装を行うとデザイン的には変えたことが全くわからないスッキリとした状態になります!

上記は増築部分の基礎。