長岡京リノベーション」カテゴリーアーカイブ

サッシ入替 長岡京リノベーション

京都 長岡京にてすすめておりますリノベーションプロジェクト
解体がさらに進んでいます。

屋根も全面的に葺替えを行なっております。
瓦屋根から金属屋根に変更、建物の重量を軽くして耐震に対しても有利にリノベしていきます。

建築関係の方ならすぐお気づきだと思いますが…
上の写真の窓は雨漏りが起こってしまう可能性が非常に高いです。

雨漏りしていませんか?と伺うと 
ここからからなのかわかりませんが!なぜわかるのですか?と
お施主さまに聞き返されたのですが、普通の設計士であれば上記の写真のような窓の設置はしてはいけないという事は当たり前なのですが……

このリフォームで全ての窓を枠ごと入れ替えますので、雨漏りがなくなるように形状を変更します。

上記は違う場所ですがサッシを入れ替えた後です。
最近ではカバー工法という 既存の窓に新しいサッシを被せるという工事方法が多いのですが
見た目が野暮ったくなるので、今回は全ての古い窓を撤去して新しいペアのサッシを取り付ける工事をお願いいたしました。
これで塗装を行うとデザイン的には変えたことが全くわからないスッキリとした状態になります!

上記は増築部分の基礎。


ショウルームへ 長岡京リノベーション

京都の長岡京にて進めていますリノベーションプロジェクト
お施主さまと共に解体の合間にショウルーム見学へ

設備や素材など可能なかぎり大きなサンプルで確認します。

上記写真は大阪グランフロントにあるサンワカンパニーさん
スッキリしていてかっこいいアイテムが色々見ることができます。

洗面ボウルやトイレ、浴室などもカタログの説明や写真では気がつきにくい
使い勝手や素材感など… 現物をみるとイメージしやすいと思います。

解体が始まりました 長岡京リノベ

あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

相見積もり後 工事は地元長岡京のベストプランニングさまに依頼することに決定いたしました。
これから完成までコミュニケーションをとりながら進めていくことになります。

築40年程度のよくある木造住宅。
天井を解体すると丸太の梁が出てきたのでこれをデザインとして見せていくことも検討することになりました。まだどうなっていくかわかりませんが。

タイル張りの浴室部分を解体した場所です。
今回は一回り大きなユニットバスを設置する予定です。

全面的にリノベーションを行うのですが、お施主様のご要望により 全てをテラテラに新しくするのでなく以前の雰囲気と和風っぽい雰囲気を残した改修にしてほしいとのことで…

ケンソウアーキテクツでは全てを既製品で新しくリフォームするという提案は行わないので
嬉しいご依頼。素敵な空間になるように頑張って進めていきます。

利用できる部分はあえて残したり、一度材料の確保を行い新しく作った部分に戻すといった工夫をしながらリノベーションを進めていきます。

ある程度は予想しているのですが
予想以上に痛んでいる部分もありますので施工業者さんとともにどのように改修するのかを現場で判断しながら進めていきます。 もちろん想定範囲内です。
少し手間がかかりますがとても大事な部分でもあります。

長岡京リノベ 見積説明 工事見積

リノベーション・リフォーム工事見積

京都の長岡京にて進めていますリノベーションプロジェクト設計がほぼ終了しました。

少し規模が大きいので複数の施工業者さまに相見積をお願いしております。
現場にて計画の内容を説明すると同時に現地確認をいただきました。

工事見積もりが無事提出され業者さまの決定後さらに金額の調整を進める予定です。

長岡京リノベーション ナショナルブラケット

リノベーションテーマ 「ジャパニーズアンティーク」

お施主様が保管されていただブラケット照明を復活設置予定。
いい感じのレトロ感。右上にはパナソニックではなく「ナショナル」のロゴマークが!

打合せが進み、設計図書がほぼ完成に近づいています。
マテリアルや図面、スケッチが積み重ねられていっております。

今回は工事が結構大掛かりなので
仕様と設計図書をまとめ複数社の工務店にて相見積もりを取る予定。

既存の建具等も部分的に再利用。
古さの中に新鮮さを感じる空間を目指します。

リノベーション計画 本格的にスタートしました。

以前より京都 長岡京市にて相談いただいていました
リノベーション プロジェクトが本格的にスタートいたしました。

約100平方メートル 木造2階建フルリノベーション計画です。
築40年程度 昔の建築ならではの温かみを残しながら、全ての水周りを含め改修を行う予定です。
耐震性も考慮しながら計画を進めています。

工務店さんへの直接依頼を含めて検討いただいていたようですが
施工業者へ直接依頼した場合と設計事務所に依頼した場合等の違い、ケンソウアーキテクツでの進め方や考え方など話させていただきお任せいただく事となりました。
嬉しい限りです。

年内に完成を目指し少し急ぎ足にてお打ち合わせを進めています。

長岡京 リノベーション相談

京都 長岡京にてリノベーションの相談を進めさせていただいております。
ご要望を伺い現状の確認をさせていただきました。

現地調査

計画を行うことに先だって、寸法の計測。

建物の痛み具合や可能な限り構造的な部分も確認を行っていきます。
シロアリが発生した形跡も発見されたので今後検討が必要。

そのあとはご家族そろって
ケンソウアーキテクツにてリノベーションを行った事例を実際に見学していただきました。


提案や、図面等を見ていただくことも重要ではありますが…
改修した実際に生活されている空間を体験していただくと雰囲気をとても掴みやすいと思います。
写真ではわからない空間の質を感じていただくことができます。

既製品建材を使ってピカピカに ではなく
年代を感じる素材感を残しつつ木質の深みあるリノベーションをご希望との事

ケンソウアーキテクツの得意分野の一つでもあります。

これから計画を進めていくのが楽しみです。
写真に写らない雰囲気感を感じていただけたのでは。っと思っております。

近くのカフェに移動して、空間のイメージや改修の希望などをヒアリング
ご家族と共にわいわいと打ち合わせいたしました。