こしぶきの家」カテゴリーアーカイブ

吹付断熱 こしぶきの家

こしぶきの家ではウレタンフォームの吹付断熱としています。
上の写真は吹き抜け部分を見上げた写真。

現場まで専用のトラックがやってきます。トラック内で調合を行なった基材をホースを使って建物に吹き付けていきます。

ホースから出た断熱材は空気に触れる事で膨らむ性質をもっており、壁や天井と一体となった断熱層が出来上がります。部材の断熱性能は 0.038W /(m・k)とさほど高いわけではありませんが、虫の入る隙間がないほどしっかりと充填する事がでるのが最大の特徴。これは他の断熱ではなかなか実現できません。
吹付後の現場に入ると空気が止まっているのが体感できます。断熱と同時に気密性が確保されています。

現場はほんのりといい香りが漂っています。

吹断熱材が設計の厚み以上となっているか確認を行います。

金物が取り付いている部分など熱橋(ねっきょう)と呼ばれ金属を伝って熱が漏れてしまうので
その部分にも吹き付けを行なっています。
吹付後は余分な部分をカットして出来上がりです!

中間検査とガラス設置(検査について) こしぶきの家

検査機関の中間検査と住宅瑕疵担保 保証の中間検査が終了しました。

ケンソウアーキテクツでは設計検査にて構造の金物種類と位置、耐力壁の釘種類とピッチ、筋交いの位置、垂木の留め方などを確認いたします。構造のメンバーなどはプレカット時と上棟後に確認しておきます。

通常、検査機関、住宅瑕疵担保検査が行われ、一見検査がたくさんあるので安心なように思われますが…

実際のところ公的検査では金物や体力の釘ピッチなど抜け等があっても見落とされてることがすごく多いように思います。(今回も抜けている部分があったのですが特に指摘もされず…)
耐力の取り方など少し特殊な部分がある場合などは検査員が仕様基準をわかっていない事も多いです。 あんまり真剣に見ていないような…検査員にもよると思うのですが(笑
JIOの検査員さんはよく知ってる方がいらっしゃいますが。。

通路部分にガラスが設置されました。
柱とガラスのあいだ部分は壁が作られて扁平柱の列柱のようなデザインとなる予定です。
ガラス部分がステージ状に320mm上がっているのもポイントです。

階段が設置されました こしぶきの家

鉄骨の階段が設置されました。踏面と踊場、登り上がりに可能な限りゆとりをもたせております。緩やかな階段は心地よいです。

2階部分のコーナー出窓。コーナー部分を窓にすることで空間に開放感を出すことを狙っております。出窓とすることで窓の前に椅子などを置くと小さなカウンターコーナーのような使い方もできるのではないかと思います。

以前スケッチにて紹介していたエントランス部分の骨格ができています。
軒裏の仕上げがまだなので効果がわかりにくいですが、思った通りの仕上げになっていきそうな予感。

階段の設置後、吹き抜け部分の屋根が設置されました。
緩やかな階段で水平方向の広がり、吹き抜けによって縦方向の開放感、おおらかな空間を目指しています。


制作大型サッシ こしぶきの家

こしぶきの家ではデザイン上 重要な部分は制作のサッシとしています。
住宅の開口部は一般的に既製品のアルミサッシが使われることが多いのですが

ケンソウアーキテクツより工場に直接依頼して制作をお願いしています。
何度も打ち合わせを重ね、少しずつ進んでいっております。形が出来上がってくるとワクワクが止まりません。

庭に面した大型の連続窓は 木製の柱を包み込むようなサッシ構成としていて外部から見るとサッシが連続しているようなデザインとなります。

上記の写真ではまだカバーが設置されていない状況。
写真右側の支柱部分には後ほどパイプ状の柱が取り付きます。 

山モミジの家 

http://kenso-ad.jp/kenso_ad_projects/32residence_yamamomiji/01.html

以前ケンソウアーキテクツで設計した、山モミジの家と少し似た構成なのですが
ヤマモミジの家では可能な限り細い柱としたのですが、今回はデザイン的に太めの円柱とする予定。

エントランス形状の検討 こしぶきの家

エントランス部分の庇の形状を検討
部分的に壁の軸をずらしてして正面の屋根形状に変化をつけています。

樋を内側に入れ屋根が地面に対してフラットになる部分と
軒先に向かって8.5度の角度で上がって行く部分に分けています。

左右と上部分が中心に向かって傾斜がつくのでパースを強調して
視覚的な奥行きに変化を持たせられないかなぁと考えています。

軒裏は板張りにて仕上げて行く予定。

上棟 こしぶきの家


基礎の養生期間を経て上棟が行われました。見えている部分がエントランス。

LDK部分の吹き抜けの天井。木製のルーバーのついた傾斜天井となり最高で約6メートル弱の高さとなる予定です。

こしぶきの家では既存の前庭との関係もあり外観は少し和風テイスト
内部はモダンなデザインの設計としています。

工務店さんの上棟作業終了後、上棟式を行いました。
四方のお清めをおこなった後、お施主様にご挨拶いただきました。

工事関係者で工事の安全と無事竣工を迎えられることを祈願。

家を作るにはたくさんの職人さんが関わって工事が進められます。
近年の建築工事ではお施主様と職人さんが会ったり話したりする機会なく進められていることが多いですが、せっかくなのでお施主様の思いや、職人さんの頑張りがそれぞれ共有できればよりよい家になるのではないかなぁと思っています。

上棟式

この段階ではまだまだイメージが掴みにくいので、実際にどのように仕上がっていくかを一通りお施主様に説明させていただきました。

ご用意いただいたお弁当、豪華でとても美味しかったです。 お酒も山盛りいただいてしまいました。。 引き続き完成目指してがんばっていきます!

基礎の配筋できあがってきました。

兵庫県 川西市にて進めています こしぶきの家 の基礎配筋ができあがりました!

他の現場にて、捨てコンクリートを打設していないところをよく見かけるようになりました。
上記写真のコンクリート部分です。

「捨て」との名前の通り構造的に必要な部分ではないので、省略されてしまっている現場が増えているようです。

ケンソウアーキテクツでは必ず打設をお願いしています。
コンクリートの剥離や鉄筋のサビ防止の為にコンクリート外側と鉄筋表面までの距離がとても大切で床の部分では60mm以上の距離の確保が必要です。

その距離をちゃんと確保できるように、まばらに高さ60mmのコンクリートのサイコロが設置されます。

配筋作業や上記のような検査時には鉄筋の上に人が頻繁に乗るのですが
捨てコンが打設されていない場合は重みでサイコロが土の中にめり込んでしまい必要な60mmの距離が確保されていない場合が多いです。
さらに防湿シートもめり込みによって破れてしまっているようなケースもよく見かけます。

ほとんど見えなくなってしまう部分ですが、だからこそ 基礎は大切。。

補修工事と地盤改良

解体後の補修作業が進んでいます。
建て替え部分と干渉していた母屋部分の補修、改修を行っています。
事前に切り離し部分の小屋裏等も確認しておいたので大きな問題もなく順調に進んでいます。

新築部分はサウンディング調査を行い地盤強度は問題なしを確認できていたのですが
敷地の横に川が流れていて、石垣による高低差がある為 改良工事を行います。


基礎の底面より約2メートル 直径60cmの柱状改良を 合計58本
建物を配置する部分全てに改良杭を配置してもらっています。

昔に築造された擁壁等がある場合は擁壁からの距離(安息角)を確保するか、杭等を施工します。万一擁壁に変異があったとしても安心です。

重機の搬入も入れると3日間の工程となりました。通常は1日で終わる事が多いですが
結構時間がかかった様子。 作業が丁寧に1本づつ進められていっております。

あと一息です。

改良終了後は基礎工事です。

こしぶきの家 地鎮祭

こしぶきの家 無事地鎮祭の日を迎える事ができました
少し残暑は残っておりましたが気持ち良い快晴

お施主様の地域との繋がりを感じることのできる瞬間でもあります。

残念ながら、写真には写っておりませんが…
下のお子様が 切麻散米(キリヌササンマイ 紙吹雪を蒔く役目)を仰せ使い
お腹が痛くなるほど緊張していたのがとても微笑ましかったです。

設計期間が終わりいよいよ着工です。
ここまで無事に辿り着けた事に感謝しながらも
このプロジェクトでは特に…設計がかなり複雑なこともありまだまだ折り返し地点 
施工業者さまと共にさらに頑張っていきます!