設計業務について」カテゴリーアーカイブ

制作大型サッシ こしぶきの家

こしぶきの家ではデザイン上 重要な部分は制作のサッシとしています。
住宅の開口部は一般的に既製品のアルミサッシが使われることが多いのですが

ケンソウアーキテクツより工場に直接依頼して制作をお願いしています。
何度も打ち合わせを重ね、少しずつ進んでいっております。形が出来上がってくるとワクワクが止まりません。

庭に面した大型の連続窓は 木製の柱を包み込むようなサッシ構成としていて外部から見るとサッシが連続しているようなデザインとなります。

上記の写真ではまだカバーが設置されていない状況。
写真右側の支柱部分には後ほどパイプ状の柱が取り付きます。 

山モミジの家 

http://kenso-ad.jp/kenso_ad_projects/32residence_yamamomiji/01.html

以前ケンソウアーキテクツで設計した、山モミジの家と少し似た構成なのですが
ヤマモミジの家では可能な限り細い柱としたのですが、今回はデザイン的に太めの円柱とする予定。

エントランス形状の検討 こしぶきの家

エントランス部分の庇の形状を検討
部分的に壁の軸をずらしてして正面の屋根形状に変化をつけています。

樋を内側に入れ屋根が地面に対してフラットになる部分と
軒先に向かって8.5度の角度で上がって行く部分に分けています。

左右と上部分が中心に向かって傾斜がつくのでパースを強調して
視覚的な奥行きに変化を持たせられないかなぁと考えています。

軒裏は板張りにて仕上げて行く予定。

大阪市 オフィス建築のコンクリート打設

大阪市で進めていますオフィス建築 コンクリート打設

順調に進んでいます。

プラントでも出荷前に確認されてはおりますが
現場でのコンクリート試験。コンクリートの状態をしっかりチェック。

上棟 こしぶきの家


基礎の養生期間を経て上棟が行われました。見えている部分がエントランス。

LDK部分の吹き抜けの天井。木製のルーバーのついた傾斜天井となり最高で約6メートル弱の高さとなる予定です。

こしぶきの家では既存の前庭との関係もあり外観は少し和風テイスト
内部はモダンなデザインの設計としています。

工務店さんの上棟作業終了後、上棟式を行いました。
四方のお清めをおこなった後、お施主様にご挨拶いただきました。

工事関係者で工事の安全と無事竣工を迎えられることを祈願。

家を作るにはたくさんの職人さんが関わって工事が進められます。
近年の建築工事ではお施主様と職人さんが会ったり話したりする機会なく進められていることが多いですが、せっかくなのでお施主様の思いや、職人さんの頑張りがそれぞれ共有できればよりよい家になるのではないかなぁと思っています。

上棟式

この段階ではまだまだイメージが掴みにくいので、実際にどのように仕上がっていくかを一通りお施主様に説明させていただきました。

ご用意いただいたお弁当、豪華でとても美味しかったです。 お酒も山盛りいただいてしまいました。。 引き続き完成目指してがんばっていきます!

長岡京リノベ 見積説明 工事見積

リノベーション・リフォーム工事見積

京都の長岡京にて進めていますリノベーションプロジェクト設計がほぼ終了しました。

少し規模が大きいので複数の施工業者さまに相見積をお願いしております。
現場にて計画の内容を説明すると同時に現地確認をいただきました。

工事見積もりが無事提出され業者さまの決定後さらに金額の調整を進める予定です。

奈良 登美ヶ丘 高低差のある邸宅

高低差のある土地の邸宅
提案モデルの検討を進めています。

設計事務所

高低差に石垣があるので それを建物のデザインにどのように生かすのか
を検討しています。
石垣と擁壁を織り交ぜて設置することを検討しています。
主体の構造は木造ですが 全面の擁壁はコンクリート造の予定です。

石垣と共に水平ラインを強調するデザインを検討

道路から見える建物のヴォリュームもどのぐらい分割するかも検討中

もうしばらくは検討が続きそうです。。

OBさま宅へご訪問

家づくりをご相談いただいた方には
なるべくケンソウアーキテクのOBさまのお宅へご訪問させてもらっています。

写真を見るのと実物を体験するというのは全く違っていますので
実際の建物を見学いただくという事はとても有意義な事だと思います。

さらに、家づくりを進めていく上で感じた事、苦労した事など
実際に家を建てた施主さまとお話しいただくとイメージがつかみやすいのではないかと思います。

お会いしていただくと私たちに直接聞きにくかった質問等がたくさん出てきます(笑)
たいていは家づくり時の苦労話などで大盛り上がりです。

お時間を割いて しかも生活している場所を見学させていただけるというのは
簡単そうでなかなかできない事でだと思いますが、OBさまに本当に感謝しかないです

家のメンテナンスをしっかりしていただき
竣工時の雰囲気のまま綺麗に住まれている家を見ると本当に嬉しくなります。

補修工事と地盤改良

解体後の補修作業が進んでいます。
建て替え部分と干渉していた母屋部分の補修、改修を行っています。
事前に切り離し部分の小屋裏等も確認しておいたので大きな問題もなく順調に進んでいます。

新築部分はサウンディング調査を行い地盤強度は問題なしを確認できていたのですが
敷地の横に川が流れていて、石垣による高低差がある為 改良工事を行います。


基礎の底面より約2メートル 直径60cmの柱状改良を 合計58本
建物を配置する部分全てに改良杭を配置してもらっています。

昔に築造された擁壁等がある場合は擁壁からの距離(安息角)を確保するか、杭等を施工します。万一擁壁に変異があったとしても安心です。

重機の搬入も入れると3日間の工程となりました。通常は1日で終わる事が多いですが
結構時間がかかった様子。 作業が丁寧に1本づつ進められていっております。

あと一息です。

改良終了後は基礎工事です。

奈良 高低差のある土地 提案

奈良にて新しい住宅プロジェクトの提案を進めています。
閑静な住宅街

ケンソウアーキテクツ得意の高低差のある土地
前面の道路に対して大きな自然の石積みになっています。

施工方法やアプローチなどで検討しなければならない部分も多いですが
うまく工夫する事で通常のフラットな土地よりも何倍も魅力的な建物になります。

大きな石積みを残しそのままデザインに利用する事を検討中

土地に個性があると提案の計画も楽しいです。
頑張っております!