カテゴリー別アーカイブ: 設計業務について

枚方の家 中間検査が終了しました

シンプルでスクウェアな外観
壁をくり抜いたような形状。コーナー部分を抜いたデザインポイントを持つバルコニー

北側の斜線制限が厳しいために
一部屋根の高さを下げ、梁が段々の形状となっています。

小さな戸建住宅のメリットを生かしたワンルーム平面プラン。

エントランス、キッチン、ダイニング、浴室、洗面、トイレなど
生活に必要な諸室をコンパクトにすっきりまとめられ
長年に渡って快適にすごせるのではと思います!

ワークショップイベント企画

建築相談と並行して
アーティスト(マキコムズさん)と共にワークショップイベントの企画を進めています。

まだどうなっていくかわかりませんが‥‥

楽しいイベントができればなぁと思い進めています!!

なんばスカイオ 事務所移転完了

なんばスカイオが先日オープンいたしました!!

それにあわせて進めておりました
オフィス棟の移転計画も無事お引き渡しが完了し
業務が終了いたしました。
ほっとしております。

コンプライアンスの関係で写真を掲載する事ができないのが
残念ですが
完成したオフィスを見た方の歓声が聞こえてきておりました。

引き続き別エリアの業務が続いております。

断熱材が入って行っています

今回は住宅用のロックウール

隙間のできないように丁寧に断熱を
入れていってもらっています。

床、天井、屋根、壁など外気と接する部分には
全て隙間なく断熱を入れていきます。

こちらは壁の断熱。天井部分は今から施工ですが
写真の右上。天井の隠れてしまう部分ににも梁の下まで綺麗に断熱が入れられています。

2018年度 Good Design 受賞いたしました!

一級建築士事務所ケンソウアーキテクツにて設計をいたしました
ゼロエネルギー住宅 「開杭の家」
2018年度のグッドデザイン賞を受賞いたしました。

この住宅は年間を通してエネルギー費用を必要としない
地球環境に優しいゼロエネルギー住宅です。

どういった形であっても
何らかの評価がいただけるというのは嬉しい事です。
引き続き頑張っていこうと思います。。

新しいプロジェクトがスタートしています

新しいプロジェクトがスタートしています。
まだどう進んでいくかはわかりませんが‥‥

スケッチが積み重ねていっております。
美しい空間を目指して。

地盤調査を行いました 遺跡調査

枚方市の南船橋
サウンディングを行い調査結果の報告書が出てきました。

2m程度の地盤改良工事が必要となりそうです。

遺跡が出るエリアなのか
地盤改良時と基礎の掘削時に2回の枚方市文化財課の立会いが必要になるとの事。

何か見つかった時には工事が遅れたりする事もあるので
少々困るのですが

個人的には‥‥何か出てくるのかなぁと少し
楽しみだったりもします。

構造体が出来上がってきました

構造体ができあがりサッシが取り付いてきています。
2階部分手前の部屋、奥の部屋、バルコニーとそれぞれレベルに
変化をつけたリズムあるデザインとしています。

鉄製の階段手前部分のブリッジも軽快さを出すためにスチール製

壁に入る断熱材 今回は住宅用のロックウールです。

右側は1階部分の中庭
小さなお庭ですがカーテン等を設置せず開口部を設けることができます。

新しくオフィス移転プロジェクトがスタート

新しくオフィス移転プロジェクトがスタートしています。
現在プロジェクトを進めているビル内なので
内容を把握できているので進めやすいです。

ほぼレイアウトプランニングが決定してきました。
現在の悩みどころは‥‥

フリーアドレスにするかどうか。

最近のオフィスではフリーアドレス
といって固定の席を持たないオフィスも増えてきています。

よくカフェ等で仕事をしている方を見かけることがありますが
そういった感じの延長のようなオフィス。

いくつかの部署があるような技術系の会社など
席が固定されていないので
部署を超えたコミュニケーション等も期待され
新たな発想が生まれてくるようなケースも実際にあるようです。

同時にリフレッシュスペース等を眺めのいい場所に
広めに確保し、社員のリラックス効果や
オフィス環境を良くすることで社員のモチベーションもアップ。

最近ではオフィス環境が劇的に変化していっております。

Tokyo Cathedral

東京出張の仕事のついで少し足を伸ばし
東京カテドラル カトリック関口教会に行ってきました。

今まで海外等も含めていろんな建築を見ましたが‥‥
その中でも、とにかく美しかったです。

この感動を味ってしまうと
どんな辺鄙な場所でも建築探訪がやめられなくなるのです。

静寂感と高揚感のある内部が特に印象的だったのですが
宗教施設でもありますので撮影できなかったので外観だけです。

催事にもそうなのかわかりませんが
空間に対して寄り添うようなアプローチ

内部は有機的でもあり、幾何学的でも。
モダンなようでもあり、クラシカルでも。

正面の祭壇に向かい包みこまれるような
どこまでもやさしい 権威的 静寂な空間が広がっていました。

人生見た中でトップ10に入る建築。久しぶりに出会えました。

カトリック関口教会(かとりっくせきぐちきょうかい)
東京都文京区関口にあるキリスト教の教会。

1964年(昭和39年)竣工

設計はあの
丹下健三・都市・建築設計研究所 丹下健三氏

RCの双曲放物面(HPシェル)+ラーメン
美しいRの曲面を描いた内部打ち放しですが
完全なHPシェル構造ではないようです。

設計者選定の際に
前川國男、谷口吉郎、丹下健三の3名による指名コンペだったよう
ものすごいメンバーです。。

機会があればみなさまもぜひ。