カテゴリー別アーカイブ: 日常

挽きたてコーヒー

先日コーヒー豆をいただいたのですが‥‥
ミルがなくそのままの状態となっていました。

何処かで挽いてもらうか
コーヒーミルを買うか

せっかくミルを買っても
豆を挽くとなると
手間がかかるので2〜3回使って
しまいっぱなしになってしまうのでは‥‥
と躊躇していたのですが

少し探してみると
電動や手挽き用などいろいろなデザインの物があり
雰囲気がいい感じ。
手挽きの物だと結構手軽に手に入れる事ができそう

という事で

先日、思い切ってコーヒーミルを買ってみました。

買ってきたミルで
豆を挽いてみると
とてつもなくいい香りが漂い
食欲ならぬ
コーヒー飲みたい欲を凄まじく掻き立てます。

挽きたてコーヒーは気分を
差し引いても最高に美味しいです。

毎日はさすがに難しいので
日曜日の朝は
ゴリゴリと豆を挽いて
休み気分を味わいながら
美味しくコーヒーを飲むというのが日課になっております。

明けましておめでとうございます。

本年もよりよいモノづくりができるよう
頑張ってまいります。

どうぞ宜しくお願いいたします!

久しぶりに映画を見に行ってきました

人生フルーツ

http://life-is-fruity.com

きっかけは、キャッチコピーのル・コルビュジエ
「家は、暮らしの宝石箱でなくてはいけない。」

大先輩のフェイスブックのページ
https://www.facebook.com/masahiko.inoue.100

私たちも、大阪の中心地での生活から
亀岡の自然の中に拠点を移し

移転後3年目を過ぎ、ライフサイクルがやっと
出来始めてきました。

最近は「丁寧に生活をする」を
テーマに日々を過ごしています。

映画の中で何度も繰り返されるナレーション
風が吹く 葉が落ちる いい土ができる 果実が実る

人生の豊かさ 美しさ に溢れた映画でした。

自分にとってぴったりな時期に
出会えたように思います

建築関係の方もそうでない方にもオススメです!
ホントにいい映画でした。

 

小林礼奈 展「お伝えしたいことがあります‥‥」行ってきました。

先日、Noto Galleryでの個展
小林礼奈展「お伝えしたいことがあります‥‥」に行ってきました。

日本画、和のベースに現代的な表現

重厚な絵画に
ポップなタイトルや解説(作家さんがお話してくれました)

日本的な燻んだ色合いに
ビビットな幾何学モチーフや構成など

心地よい対比感が素敵で
オススメしたくてブログアップしようと思ったのですが‥‥

訪れたのが最終日だったこともあり
個展終了してしまっております。

これからの作品も楽しみです!

竣工後 7年を迎えました

先日、石の家のクライアントさまより
お風呂場に暖房乾燥機をつけたいとの
相談をいただいて
久しぶりにお宅へ訪問しました。

中庭の植栽も
綺麗に剪定されいい感じに落ち着いていました。

出来上がったのがこの前のように
感じますが7年間あっという間です。

 

リノベーション提案

築約50年の木造の旧家の改修提案。

今回も残す部分と改修する部分についての関係性について
あれこれと考えながら提案を作りました。

改修部分は全て土間で提案しています。

和風建築は素材感が内から外へ向かって
ソフトな物からハードな物へとグラデーションのように
変化していきます。

例えば 畳(草)→障子(紙)→縁甲板(木)→土間(土)→ 敷石(石)
長い年月受け継がれている独特の感性。

和風と洋風といったような
概念的な括りに囚われず‥‥

そんな素材感覚を意識しながら提案をつくりました。

今回、提案依頼者
建築系大学の講師をされているとの事。

たまたまかもしれませんが‥‥

ケンソウアーキテクツの
クライアントさん、建築関係者の事が
かなり多いように思います。。

特に何かを変えるという事はないのですが
提案緊張します。

U-35 Architects exhibition

グランフロント横 うめきたシップホール
U-35 Architects exhibitionに行ってきました。

以前はU-30だったように思うのですが
年齢が引き上げられたようですね。

何枚もトレペに書かれたメモとファサードスケッチが
普遍的ながらも‥‥ 好感度高かったです。

どの案もリアリティの強さを感じました。

トークイベント

先週、土曜日、日曜日

建築家の頭の断面展
トークイベント無事終了いたしました。

お立ち寄りいただいた皆様ありがとうございました!

早速 次回イベントも検討に入っております。

頭の断面展 第2回開催することになりました!

来週末に開催予定です。

現在準備に追われております。