カテゴリー別アーカイブ: 土地探し

05.土地によってデザインが異なる。

 

これは設計事務所にとっては最も重要な事でもあります。
建築物はそれ単体で成立する事はありません。
必ず周囲との関係性の中で成り立っているからです。
私たちが設計を行なう際には必ず何度も現地に足を運び
様々な要素を検討して設計を行います。
のどかで風情ある田園風景の街並に
突如として出現するテラテラのサイディングを見ると
とても残念な気持ちになります。
その家が建てられる場所が都市なのか地方の自然の中なのか…
それによって、デザインや使用する素材も変わります。
日本全国、様々な特徴ある場所や地域があるにも関わらず
同じカタログの中から、全てを選択するというのは少し残念な気がします。
開口部、1つ設けるにあたっても
隣地との関係性や日当り、その窓から見える景色などで位置や大きさが
変わってきます。
敷地が、変形していたり、高低差があったり、狭小であったりと
ハウスメーカーでは建築できない
マイナスとされるような要素であっても…
人間の適材適所と同じです。
計画の方法によりそのマイナス部分をうまく利用する事で
通常よりも魅力的な家の特徴に変換する事も可能なのです。

04.土地によって直接の建築費用が異なる

 

タイトルのように建築する敷地によって建築費が若干異なってきます。
建築規模によりますが
地盤の良い悪いによって地盤改良・基礎形式・杭の有無、など。
直接は目に見えない部分ですが場合によってコストが大幅に変わります。
その他、建物の形状は土地形状に左右されやすく
同じ間取り、面積であっても建物が複雑な形状になった場合
それにともない建築費がアップします。施工に手間がかかるだけでなく単純に
壁面の量や配管などの量も増えてしまうからです。
敷地までの前面道路が一般的な幅の場合は問題ないのですが
大型の車で搬入ができない土地などの場合は
建築費とは別に搬入の費用がよけいにかかる場合などもあります。
その他水道を新たに引き込む、水道加入金などは自治体等
(建築する場所、引き込み径等)によって
3万円~30万円程度の差があったりするようです。

03.土地によって確認申請の手続きが異なる

 

平らで一定の広さの場所があればどんな所であっても家を建築することができそうに
思いますが……
実は、法律によって家が建築できないまたは、家を建てるためには一定の手続きが
必要になる土地がたくさんあります。
周りに家が並んでいる場所ではほとんどといって大丈夫なのですが
都市計画法という法律等により住宅を建築する事ができる場所は限られていて
宅地と呼ばれる家を建築する為の土地は、日本国土の約5パーセント程度なのです。

その他、宅地であっても住宅を建築する為にはその敷地が

幅4メートル以上の道路に2メートル以上接している事が必要になります。
この条件を満たしていない場合、敷地の一部を道路として提供する必要があったり
道路のように見えている場所であっても行政管理が他の用途であると
道路に認定してもらう為の手続きが必要になったりするのです。
その他川に近い場所だと確認申請前に河川法の手続きや、埋蔵文化財の検討が必要な
エリア、その他地域によって様々敷地の特別な措置が必要になるケースなどがあります。
そういった場所では事前手続きが必要になるため建築するまでに通常よりも予算や
時間がかかる場合があります。
希にではありますが、
土地購入時に不動産業者さんから説明は受けていても
具体的な内容をしっかり把握しておらず
建築時になって初めて「えっ!!」 そんな手続きが必要なの??と
驚かれる方がいらっしゃいます。
なので……
家を建築する土地を購入する前に ぜひ一度設計士さんに相談してみて下さい。

02.土地によって家の建築に求められる防火性能が異なる。

建築に求められる防火性能は建物が建てられる場所によって異なります。
基本的に3つの制限があります。
防火地域
準防火地域
法22条区域
言葉のイメージ通り下から上に規制が厳しくなります。
建築物を創るにあたって規制が厳しくなると、材料や工法・構造が限定されるため
その他の地域に比べてコストが上がってしまうケースがほとんどです。
住宅の構造で最も多い木造住宅で一例をあげると…
防火地域の場合
3階建/100平米以上の家は基本的に建築する事ができません。
(特殊な仕様により不可能ではないのですが、ほとんど事例がありません。)
上記以外の規模であっても火に強い仕様が求められる為
外壁に使う材料や内装材料に制限を受けてしまいます。
内装、外装のどちらであっても、木材を露出したデザインなど材料の種類によって規制の対象になったり使用できない場合もあるので注意が必要なのです。

01.土地によって建築できる家の面積や高さが異なる

 

土地を探し始めるにあたって漠然と探しているだけではなかなか進みません。
なので、まず希望のエリア、金額、広さなどある程度の条件と候補を絞ります。
そうする事で相談しやすく、ピックアップして比較もできます。
ある程度候補が絞れてくると最も気になるのが土地の価格です。
でも土地は値段がついてお店でに並んでいるわけではないのでまったく金額がわかりません。仮にいいなと思う空き地があり、価格が表示されていたとしてもそれが高いのか安いのかを判断する事もできません。
そこで価格の目安・参考になるのが以下のページ!
上記のページはあくまで目安。
道路の状況や敷地の形など様々な要素で土地の金額は変わります。
そして、土地をこの金額で売りたいという人に対し、その金額で購入したいという両者が合意・契約した時にはじめて最終的な価格が決定します。
01.土地によって家の面積や高さが異なる。
たいていの方は用途地域という言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか?広告などに掲載されている【第一種低層住居専用地域】などとかかれた”あれ”です。
これは行政によって決められたエリアの呼び名でそのエリアによって様々な規制があります。これによって建築してもOKな建物の種類や面積などが決められています。
なので…空き地であればどこにでも家を建築できるわけではありません。
そして他にも敷地に対して建築しても良い面積や高さなどが決められています。
【建ぺい率】
家が建っていない庭をどのくらい確保しないといけないのか?
【容積率】
家全体の広さをどれぐらい確保できるのか?
これは用途地域だけでなく前面の道路などから決められる場合もあります。
なのでせっかく土地を選んでも小さな家しか建てる事ができない場合
(建ぺい率40%であれば敷地の60%の空地が必要という事。)や、
用途地域によっては、購入時周りが空き地だったけれども、工場や背の高い建物がどんどん建築されるといった場合もありますので注意が必要です。

設計士との家づくり失敗しない土地探しのコツ

 

建築家に家づくりを依頼する際
建替えや既に建築用地がある場合はよいのですが、土地取得から家づくりを行なう
場合なにから始めればよいのか??と迷ってしまいそうです。
そんな場合でもネットや雑誌などから、気に入ったデザインや
考え方の近そうな設計事務所に気軽に相談してみて下さい。
不動産屋さんにじゃないの??
多くのかたはそんな事を突然??と思ってしまうようですが
たいていの設計事務所では、いくつもそのような相談をうけているので
突然の問合せでも親身になって土地探しを手伝ってくれると思います。
電話やメール、手紙などなんでもかまわないと思います。
家づくりを考えていて土地から探している事を伝えてみてください。
建築家さんは設計をするのが仕事なのになぜ土地探しから??
と疑問に思うのですが、それには大きな理由があるのです!
土地選びのポイントを簡単に5つに分類してみました。
などです。
簡単な解説を行なって行きたいと思います。