投稿者「kenso-ad」のアーカイブ

kenso-ad について

住宅・店鋪の建築設計業務をおこなっている大阪、京都の設計事務所です 。 設計業務に取り組む日々の想いを綴っております 使い手との対話を大切に、年月を経ることで深みを増して行くような建物を創っていきたいと考えています。

制作大型サッシ こしぶきの家

こしぶきの家ではデザイン上 重要な部分は制作のサッシとしています。
住宅の開口部は一般的に既製品のアルミサッシが使われることが多いのですが

ケンソウアーキテクツより工場に直接依頼して制作をお願いしています。
何度も打ち合わせを重ね、少しずつ進んでいっております。形が出来上がってくるとワクワクが止まりません。

庭に面した大型の連続窓は 木製の柱を包み込むようなサッシ構成としていて外部から見るとサッシが連続しているようなデザインとなります。

上記の写真ではまだカバーが設置されていない状況。
写真右側の支柱部分には後ほどパイプ状の柱が取り付きます。 

山モミジの家 

http://kenso-ad.jp/kenso_ad_projects/32residence_yamamomiji/01.html

以前ケンソウアーキテクツで設計した、山モミジの家と少し似た構成なのですが
ヤマモミジの家では可能な限り細い柱としたのですが、今回はデザイン的に太めの円柱とする予定。

サッシ入替 長岡京リノベーション

京都 長岡京にてすすめておりますリノベーションプロジェクト
解体がさらに進んでいます。

屋根も全面的に葺替えを行なっております。
瓦屋根から金属屋根に変更、建物の重量を軽くして耐震に対しても有利にリノベしていきます。

建築関係の方ならすぐお気づきだと思いますが…
上の写真の窓は雨漏りが起こってしまう可能性が非常に高いです。

雨漏りしていませんか?と伺うと 
ここからからなのかわかりませんが!なぜわかるのですか?と
お施主さまに聞き返されたのですが、普通の設計士であれば上記の写真のような窓の設置はしてはいけないという事は当たり前なのですが……

このリフォームで全ての窓を枠ごと入れ替えますので、雨漏りがなくなるように形状を変更します。

上記は違う場所ですがサッシを入れ替えた後です。
最近ではカバー工法という 既存の窓に新しいサッシを被せるという工事方法が多いのですが
見た目が野暮ったくなるので、今回は全ての古い窓を撤去して新しいペアのサッシを取り付ける工事をお願いいたしました。
これで塗装を行うとデザイン的には変えたことが全くわからないスッキリとした状態になります!

上記は増築部分の基礎。


エントランス形状の検討 こしぶきの家

エントランス部分の庇の形状を検討
部分的に壁の軸をずらしてして正面の屋根形状に変化をつけています。

樋を内側に入れ屋根が地面に対してフラットになる部分と
軒先に向かって8.5度の角度で上がって行く部分に分けています。

左右と上部分が中心に向かって傾斜がつくのでパースを強調して
視覚的な奥行きに変化を持たせられないかなぁと考えています。

軒裏は板張りにて仕上げて行く予定。

ショウルームへ 長岡京リノベーション

京都の長岡京にて進めていますリノベーションプロジェクト
お施主さまと共に解体の合間にショウルーム見学へ

設備や素材など可能なかぎり大きなサンプルで確認します。

上記写真は大阪グランフロントにあるサンワカンパニーさん
スッキリしていてかっこいいアイテムが色々見ることができます。

洗面ボウルやトイレ、浴室などもカタログの説明や写真では気がつきにくい
使い勝手や素材感など… 現物をみるとイメージしやすいと思います。

大阪市 オフィス建築のコンクリート打設

大阪市で進めていますオフィス建築 コンクリート打設

順調に進んでいます。

プラントでも出荷前に確認されてはおりますが
現場でのコンクリート試験。コンクリートの状態をしっかりチェック。

解体が始まりました 長岡京リノベ

あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

相見積もり後 工事は地元長岡京のベストプランニングさまに依頼することに決定いたしました。
これから完成までコミュニケーションをとりながら進めていくことになります。

築40年程度のよくある木造住宅。
天井を解体すると丸太の梁が出てきたのでこれをデザインとして見せていくことも検討することになりました。まだどうなっていくかわかりませんが。

タイル張りの浴室部分を解体した場所です。
今回は一回り大きなユニットバスを設置する予定です。

全面的にリノベーションを行うのですが、お施主様のご要望により 全てをテラテラに新しくするのでなく以前の雰囲気と和風っぽい雰囲気を残した改修にしてほしいとのことで…

ケンソウアーキテクツでは全てを既製品で新しくリフォームするという提案は行わないので
嬉しいご依頼。素敵な空間になるように頑張って進めていきます。

利用できる部分はあえて残したり、一度材料の確保を行い新しく作った部分に戻すといった工夫をしながらリノベーションを進めていきます。

ある程度は予想しているのですが
予想以上に痛んでいる部分もありますので施工業者さんとともにどのように改修するのかを現場で判断しながら進めていきます。 もちろん想定範囲内です。
少し手間がかかりますがとても大事な部分でもあります。

上棟 こしぶきの家


基礎の養生期間を経て上棟が行われました。見えている部分がエントランス。

LDK部分の吹き抜けの天井。木製のルーバーのついた傾斜天井となり最高で約6メートル弱の高さとなる予定です。

こしぶきの家では既存の前庭との関係もあり外観は少し和風テイスト
内部はモダンなデザインの設計としています。

工務店さんの上棟作業終了後、上棟式を行いました。
四方のお清めをおこなった後、お施主様にご挨拶いただきました。

工事関係者で工事の安全と無事竣工を迎えられることを祈願。

家を作るにはたくさんの職人さんが関わって工事が進められます。
近年の建築工事ではお施主様と職人さんが会ったり話したりする機会なく進められていることが多いですが、せっかくなのでお施主様の思いや、職人さんの頑張りがそれぞれ共有できればよりよい家になるのではないかなぁと思っています。

上棟式

この段階ではまだまだイメージが掴みにくいので、実際にどのように仕上がっていくかを一通りお施主様に説明させていただきました。

ご用意いただいたお弁当、豪華でとても美味しかったです。 お酒も山盛りいただいてしまいました。。 引き続き完成目指してがんばっていきます!