作成者別アーカイブ: kenso-ad

kenso-ad について

住宅・店鋪の建築設計業務をおこなっている大阪、京都の設計事務所です 。 設計業務に取り組む日々の想いを綴っております 使い手との対話を大切に、年月を経ることで深みを増して行くような建物を創っていきたいと考えています。

スタディモデル

オフィス兼住宅の提案
模型を作りながら形を検討していっております。

床組みの改修

既存部分の床が新しくなりました。
当初の計画では床合板と仕上げを変更する予定でしたが
床を解体すると骨組みの大引、根太ピッチがかなり広い事が発覚。

見えなかった部分の傷みも激しかったので
床組みごと新しく遣り替えてもらいました。

見えなくなってしまう部分ですが‥‥
不安な状態の上に綺麗な材料を貼り付けても長持ちしません
時には思い切った決断も必要です。

大工さんの丁寧な仕事に感謝です。

既存部部の洗面とトイレ新設部分の床下。
排水管が設置されています。

地盤 サウンディング調査

先日地盤のサウンディング調査を行いました。

建て替えの場合は
解体が終了しないと地盤調査ができないので
少し心配していました。

今回の調査結果より
改良無しで進めることができそうで安心です。

改良工事を行うか行わないかの判断は
改良工事が必要ないと思われる結果であっても
業者より高額な改良を進められることが多く

調査書に改良を勧めるコメントなどがあるとお施主さんは
どうしても不安になってしまいます。

地盤は全く目に見えず
一生に一度だし…
「改良すると保証がつく。」
「何もしないよりもした方がいい。」
といった状況より

安心なのでとりあえず改良工事をしておこう。との判断になりがち。
ただその工事に何十万円もの費用が必要になるので
悩ましいところではないでしょうか。

現在では調査と保証がセットになった調査会社があり
状況によってそちらをオススメする場合があります。

調査結果に応じて
改良が必要と判断された場合はもちろん
改良必要なしとの判定であっても
地盤が10〜20年以上にわたって保証されるので
安心ではないでしょうか。

なんばスカイオ オフィス移転計画

今年の秋、南海なんば駅から直結の複合型オフィスビル
スカイオが竣工する予定です。

現在、既成什器メーカーさまと共に
スカイオビル オフィス移転の設計業務を進めています。

駅直結のオフィスすごく便利そうです。

なによりもなんばの中心からの景色がキレイ!
仕事もはかどりそうな気がします。。
下階部分には飲食、物販店なども入り賑わいのエリアになりそうです。

オフィスの移転を設計事務所に依頼する
という感覚はあまり少ないのかもしれませんが…

お客様を招くエントランスや打ち合わせスペースなどの
インテリアのデザインと共に、
近年のビルでは防災や電気、空調などの設備関係の事前計画が複雑なので
とても重要です。

スケジュール管理なども必要となり
ある程度の規模になると6ヶ月以上前からは計画スタートが
必要となります。

 

解体がほぼ終了

新築部分を建築する為のスペース。
解体工事がほぼ完了いたしました。

次は地盤調査です。

既存改修部分の解体、改修も順調に進んでいます。

結構複雑な改修となるので
現場にて検証必要部分がでてしまうのでは?と
少し心配していましたが‥‥

事前調査を時間をかけしっかりと行った甲斐もあり
ほぼ予定通り進めて行く事ができそうです。

改修工事には事前確認が大切
と改めて実感!

施主と建築家ガチ対談 vol.2

施主と建築家ガチ対談 vol.2のスピーカーを務めます。

一級建築士事務所ケンソウアーキテクツに設計依頼をいただいた
お施主さまをゲストに迎え、家づくりのよかった部分
後悔した部分など本音でトークするイベントです。

Vol.2となっているのは‥‥下記に続く第2弾
現在、新しい家での生活がスタートし1年が過ぎようとしています。

Vol.1の内容はこちら

先日お施主様と事前の打合せを行い
どんな事を話します?と内容を相談していたのですが

こんな事あった。あんな事あった!
こんなの話していいのかなぁという事まで。
すごく盛り上がりました。

きっと面白いトークイベントになるのでは。
と今から期待と不安でいっぱいです。笑

 

今回の会場は西区江戸堀の
タカムラ ワイン&コーヒーロースターズ

豆をチョイスしてその場でコーヒーを淹れてもらえます。
酸味、コク、苦味などたくさんの種類からチョイス可能。
こだわりコーヒーの味を楽しめました。

ワインもいっぱいあります!

このブログにどちらも何度か登場していますが‥‥
どちらも大好物。

 

=========================

施主と建築家のガチ対談 vol.2

日時:3月21日(水)祝 15:30〜17:00
場所:タカムラ ワイン&コーヒーロースターズ

17:00からはレセプションパーティーもあります。
参加自由:1500円 スパークリングワイン+1drink (軽食付)

上記以外にも家づくりに関するイベントがあります。
興味のある方はぜひお越し下さい。

=========================

トークイベント、レセプションパーティー
どちらも当日ご参加いただく事も可能ですが
席の確保をご希望の方は下記よりお申し込み下さい。

和鋼博物館に。

先日、島根県安来市にある和鋼博物館に行きました!

設計は宮脇檀氏です。

和鋼博物館も含め大型の作品はポストモダン的な
雰囲気をどうしても感じてしまいますが‥‥

宮脇氏は20年ほど前に亡くなられた方ですが
建築関係者は皆知っている日本の建築家 巨匠の1人ではないでしょうか。

何よりも宮脇檀氏、ビジュアルが渋い!!というイメージ。
多くの住宅作品と素敵な著書を残されています。

宮脇氏の「旅は俗悪がいい」を読んでこんな旅してみたい!とか
住宅関連の本を読んで夢を膨らませていた事を思い出し、一度読み返してみようかなぁと。
時間が経ってからだと全く感じ方が違ったりするので。

和鋼博物館の展示手法は少し中途半端感が否めないのですが‥‥
展示されている土で作られた炉などは本当にカッコイイです。

展示内容は主に「たたら製鉄」と言って
奈良時代あたりから日本で発展していった製鉄方法について展示されています。

鉄好きとしてはたまらない内容です。
そして、たたら製鉄に関する内容はとにかくおもしろいです。

ジブリ作品の「もののけ姫」制作の際も
ここが参考にされたようです。

昔ながらの製鉄技法で
手間をかけながら‥‥近代の技術では生み出せない
上質の鉄が生み出されるとの事。

日本刀などをつくる際は
昔ながらのたたら製鉄が現在も行われているようです。
すごいです。

 

感動のあまり何か欲しくなってしまい
冒頭の写真の「肥後守」(ひごのかみ)を購入してしまいました。

小さな和式のナイフ。

購入時はよく知らなかったのですが‥‥
おそらく、ある年代より上の方は馴染み深いもののようです‥‥

庭園で有名な足立美術館も見て帰ってきました。

解体が進んでいます。

順調に解体が進んでいます。

廃棄する敷石が大量に出るのですが‥‥
トラックを借りて
もらって帰ろうかと本気で悩んでおります。

現地調査

枚方市にて木造2階建住宅の
建替えのプロジェクトです。

現地調査に行ってきました。

前面道路が4メートルを切っているので
少しセットバックが必要。

道路の幅の確認を行いました。

登記図や古い測量図の場合
実際とは異なっている場合があるので
現地にて測ってみます。

この土地の用途地域は
第二種低層住居専用地域

高度地区により
建築基準法の斜線制限よりも
さらに厳しい制限を受けます。

北側の建物の
高さを下げなければいけませんが‥‥

周辺の建物は高いものが
ちらほら見受けられました。

このようなケースは注意が必要です。

挽きたてコーヒー

先日コーヒー豆をいただいたのですが‥‥
ミルがなくそのままの状態となっていました。

何処かで挽いてもらうか
コーヒーミルを買うか

せっかくミルを買っても
豆を挽くとなると
手間がかかるので2〜3回使って
しまいっぱなしになってしまうのでは‥‥
と躊躇していたのですが

少し探してみると
電動や手挽き用などいろいろなデザインの物があり
雰囲気がいい感じ。
手挽きの物だと結構手軽に手に入れる事ができそう

という事で

先日、思い切ってコーヒーミルを買ってみました。

買ってきたミルで
豆を挽いてみると
とてつもなくいい香りが漂い
食欲ならぬ
コーヒー飲みたい欲を凄まじく掻き立てます。

挽きたてコーヒーは気分を
差し引いても最高に美味しいです。

毎日はさすがに難しいので
日曜日の朝は
ゴリゴリと豆を挽いて
休み気分を味わいながら
美味しくコーヒーを飲むというのが日課になっております。