月別アーカイブ: 2020年7月

エントランス扉設置 こしぶきの家

エントランスの扉が設置されました。
ここまで来るのに結構苦労してしまいました。

エントランス扉と書いていますが玄関からリビング・ダイニングへの建具となっています。

通常は木製などの扉が付く事が多いと思うのですがこちらは金属とガラスの扉です。土間途中に設置されていて、さらに内部側の壁側面をガラスで解放しているので デザイン上かなり曖昧な雰囲気の仕切りとなったのではないでしょうか。

最近はリビング扉が無い建物も増えてきていますが、熱環境より玄関と居室部分を分ける役目とデザイン的な役目を担っています。

完成いたしました。長岡京リノベーション

京都 長岡京にてすすめていましたリノベーションプロジェクトが竣工いたしました。

お施主さまより、リノベーション前の木造の家が持つレトロ感漂う和風の雰囲気をできるだけ残した改修をしてほしいというご要望より進めてきました。

リノベーションの内容としては
屋根を瓦より金属に吹き替え、耐震補強、断熱補強、外壁の補修と塗装、サッシをシングルからペアへ入れ替え、下記写真の縁側部分の増築、すべての部屋の床壁天井の遣り替え、急だった階段の架替などを行いました。
建て具など痛みの激しくないものはできるだけ同一、または場所を変えて再利用行なっております。


屋根を瓦より金属に吹き替え、耐震補強、断熱補強、外壁の補修と塗装、サッシをシングルからペアへ入れ替え、下記写真の縁側部分の増築、すべての部屋の床壁天井の遣り替え、急だった階段の架替などを行いました。建て具など痛みの激しくないものはできるだけ同一、または場所を変えて再利用行なっております。

例えばキッチンだけを入れ替えるなどの小さな工事の場合は工務店さんなどに直接依頼された方が簡単に進める事ができると思いますが、
今回のようなリノベーションになると、決まっている予算の中でどの部分にどういった形で工事を行なっていくか、全体のイメージ統一などを考えると設計事務所に依頼いただくとうまくまとまるのではないかと思っております。

洗面も昭和感漂うレトロな感じで仕上がっています。
再利用の建具の御手洗のネームプレートが雰囲気を醸し出しております。
照明のブラケットもお施主様がかなり古いパナソニックの物をお持ちでしたので再利用しました。

元々は仕切りのあったリビングとダイニングを一体の空間にリノベーションし
熱環境を改善しながら広々した空間に変わったと思います。

天井と軒裏の木貼 こしぶきの家

内装が少しづつ仕上がってきています。


上の写真は木がまだ貼られる前ですが。。

この廊下部分の天井を木貼りとして、他の部分より少しだけ高さを下げていきます。
木部分に意識を持って行きます。
天井高が下がった通路を吹き抜け空間に接続することで吹き抜け部分の伸びやかさを強調。

外部でも使用できる木を使う事で内部と外部の天井素材を揃え一体感を出します。

こちらは2階部分の天井。
各部屋へ入る通路を少し大きめに確保して前室としてのライブラリースペースになる予定。
この部分は少し装飾的なデザインにする予定です。

天井の箱みたいな部分の中に空調のダクトなどが入れらています。

ほぼ完成です。長岡京リノベーション

京都の長岡京リノベーション完成が近づいた状況です。
通常のケンソウアーキテクツのデザインと少し異なりますが
暖かい感じに仕上がってきております。

キッチンパントリー部分 ダイニングと開口でつながっています。
集成材の厚めの板に塗装を行い無骨なアングルを見せて露出収納としています。

写真左の収納扉と写真右のガラス格子の建具は既存の家に設置されていたものを再利設置しています。