エントランス形状の検討 こしぶきの家

エントランス部分の庇の形状を検討
部分的に壁の軸をずらしてして正面の屋根形状に変化をつけています。

樋を内側に入れ屋根が地面に対してフラットになる部分と
軒先に向かって8.5度の角度で上がって行く部分に分けています。

左右と上部分が中心に向かって傾斜がつくのでパースを強調して
視覚的な奥行きに変化を持たせられないかなぁと考えています。

軒裏は板張りにて仕上げて行く予定。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です